2級建築士試験

二酸化炭素

投稿日:2019年1月7日 更新日:




二酸化炭素

二酸化炭素( CO2 )は、無色・無味無臭で、空気より重い。温室効果ガスの中で最も割合が高く、人間の呼吸の中にもわずかながら含まれる。(出題:平成28年度No.3

  

一酸化炭素よりは毒性は少ないが、人間活動において大量のCO2 の大量排出がすすみ、地球温暖化や空気汚染による人体への害も与える。

室内空気汚染・換気計画における指標

・二酸化炭素・・・0.10%( 1,000 ppm )

一酸化炭素・・・0.001%( 10 ppm )

 出題:平成20年度No.4平成24年度No.4平成26年度No.4平成28年度No.3平成30年度No.4

必要換気量の算出

室内の汚染空気の増加は、一般的に二酸化炭素濃度の増加と比例することが多い。そのため、室内の換気量を考える時は二酸化炭素量を基準として算出する。

成人1人につき 30 ( m3 / 時 ) 程度を排出する

必要換気量( m3 / 時 ) = 30 ( m3 / 時 ) × 在室者数( 人 )

なので、上記で算出した必要換気量は、成人4人の場合、120 ( m3 / 時 )となる。

出題:平成27年度No.4令和元年度No.04

   

また、一人当たりのCO2の排出量で計算する方法は、以下の計算式を用いる。

必要換気量Q = (一人当たりの二酸化炭素発生量 × 在室者数 ) / (室内の汚染質の許容濃度 – 外気中の汚染室濃度)

もちろん、喫煙者がいると成人一人当たりの基準値は大きくなる。

出題:平成21年度No.4平成23年度No.3平成24年度No.4平成26年度No.4平成28年度No.6平成30年度No.4

  

必要換気回数

換気回数は、一時間に空気が入れ替わった回数をいう。

換気回数 = 換気量 / 室の容積

居室であれば、上記の 30 ( m3 / 時 ) × 人数 で基本算出は出来るが、厨房病院の手術室などは換気量が大きくなる。また居室の換気回数は最低でも0.5 ( 回 / 時 )を確保する必要がある。

出題:平成20年度No.3平成21年度No.4平成23年度No.3平成24年度No.4平成25年度No.4平成26年度No.4平成30年度No.4

   

ポイント:

・成人一人あたりの必要換気量は、一時間で30m3

必要換気量の式は絶対暗記!一度は紙に書いて!

・必要換気量の計算に、「部屋の大きさ (室の容積)」は関係ない!

・換気量を「室の容積」で割ると、換気回数になる。

・居室は2時間に1回空気が入れ替わるように換気計画する。







-2級建築士試験

執筆者:


  1. […] ガスストーブやガスコンロなど、排気や排熱を直接室内に排出する器具のことを「開放型燃焼器具」と言う。これらは多量の汚染空気を室内に排出する為、設置にあたっては定められた必要換気量を確保する必要がある。 […]

  2. […] ・人から出される呼吸(二酸化炭素・水蒸気)や体臭 […]

  3. […] に発散されている。なので、居室の必要換気量は以下のように定められている。 […]

  4. […] 一般に、炭素・有機物(紙をイメージして)を燃やすと、二酸化炭素が発生する。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

世界平和記念聖堂

世界平和記念聖堂は1954年に建てられたキリスト教カトリックの聖堂。村野藤吾による設計で、RC(鉄筋コンクリート)造。丹下健三の広島平和記念資料館と同じく国の重要文化財に指定されている。 出題:平成2 …

トランジットモール

沖縄の国際通りトランジットモール。毎週日曜日は交通規制がかかり、歩行者天国となる。 トランジットモール ショッピングモールの形態の一つ。 自家用車の乗り入れを少なくし、商業地を形成することを目指すため …

建築基準法規則1条の3 1項一号

規則1条の3 1項一号 建築基準法規則1条の3は、申請書の様式を規定するものである。 「規則1条の3 1項」の表1はこちら「規則1条の3 1項」の表1はこちら 出題:平成30年度No.20 建築基準法 …

建築基準法22条

建築基準法 第22条 屋根 屋根 第22条 特定行政庁が防火地域及び準防火地域以外の市街地について指定する区域内にある建築物の屋根の構造は、通常の火災を想定した火の粉による建築物の火災の発生を防止する …

建築士法23条の2

建築士法 第23条の2 登録の申請 登録の申請 第23条の2 前条第1項又は第3項の規定により建築士事務所について登録を受けようとする者(以下「登録申請者」という。)は、次に掲げる事項を記載した登録申 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い