2級建築士試験

即席単語帳施工9

投稿日:




即席単語帳
施工1

一級建築士学科試験:2020年7月25日(日)
令和03年度試験日まであと 日!

1.標準貫入試験用サンプラーが○○cm貫入するのに要する打撃回数をN値という。

解答:30cm

2.標準貫入試験の本打ちの打撃回数の限度は?

解答:50回

3.標準貫入試験においては、深さ○○mごとにN値を測定する?

解答:1m

4.標準貫入試験のN値から、何がわかるか(砂質土)?

解答:相対密度(地耐力)・変形係数(液状化の判定/杭の支持力)・動的性質(S波速度)

5.標準貫入試験のN値から、何がわかるか(粘性土)?

解答:硬軟の程度、一軸圧縮強さ

6.平板載荷試験において用いる載荷板の直径は?

解答:30cm

7.平板載荷試験によって求められるものと、範囲

解答:「載荷面より載荷幅の1.5~2倍程度の深さ」の「支持力特性」

8.平板載荷試験における整地の範囲

解答:載荷板の中心から1m

9.孔内水平載荷試験において求められるものは?

解答:地盤の変形係数(地震時の杭の水平抵抗、基礎の即時沈下の検討)

10.「ヒービング」は、(砂質土・粘性土)地盤において、すべり破壊が生じて回り込んで地盤が盛り上がってくる現象

解答:粘性土地盤

11.「盤ぶくれ」は、(砂質土・粘性土)地盤において多く見られる

解答:粘性土地盤

12.前問は根切り地盤が押し上げられて生じる現象だが、何によって押し上げられている?

解答:被圧地下水

13.砂質土地盤において多く見られる、山留め壁背面との水位差(水頭差)によっておこる現象は?

解答:ボイリング

14.ヒービングへの対策は?4つ

解答:周辺地盤のすき取り、根入れを深く、地盤改良、トレンチカット工法

15.盤ぶくれ・ボイリングへの対策は?3つ

解答:難透水層まで根入れ、地盤改良、地下水位を下げる

16.根切りする場所の周辺の建築物の基礎の強化や代替基礎の設置など、ヒービングの対策として取られる方法を?

解答:アンダーピニング

17.排水工法が適用される地盤の透水係数は?

解答:10-4cm/s以上

18.根切り底面よりもやや深い集水場所に集め、ポンプで排水する、最も簡易な方法を?

解答:釜場工法

19.前問の工法は、湧き水に対して安定性の低い地盤には〇〇を引き起こすことがあるので、適さない。

解答:ボイリング

20.真空ポンプにより地下水を強制的に揚水する工法を?

解答:ウェルポイント工法

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

盤ぶくれとは?

「盤ぶくれ」とは? http://nexcokiyomi.hida-ch.com/より引用 「盤ぶくれ」は掘削工事において起こる現象で、工事に大きな影響を与えてしまう。 掘削底面下に、粘性土地盤や細粒 …

昼光率

昼光率とは? 昼光率(%)は室内のある点と屋外の全天空照度の割合を表す。 出題:令和元年度No.07 過去の試験問題 「室内におけるある点の昼光率は、全天空照度が変化しても変化しない。」(出題:平成2 …

消防法施行令別表1

消防法施行令 別表第1 (第1条の2―第3条、第3条の3、第4条、第4条の2の2―第4条の3、第6条、第9条―第14条、第19条、第21条―第29条の3、第31条、第34条、第34条の2、第34条の4 …

透過損失(音)

透過損失(音) 壁などの遮音性能を示す値のことを透過損失といい、単位は[dB]入射した音に比べ、透過したおとがどれだけ減ったのかを示し、透過損失の値が大きいほど、遮音性能が良い。 透過損失=(入射音の …

即席単語帳計画7

即席単語帳計画⑦ 一級建築士学科試験:2020年7月25日(日)令和03年度試験日まであと 日! 1.[美術館・博物館の例]たたき土間の床、プレキャストコンクリート、瓦屋根の採用で地域性を踏まえた「収 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



2020/12/10

隙間なし天井

流造り

2020/12/10

流造り

唐招提寺金堂

2020/12/10

寄棟屋根

2020/12/10

切妻造り

スマートシティ

2020/12/10

スマートシティ

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い