2級建築士試験

即席単語帳構造22

投稿日:2020年6月29日 更新日:




即席単語帳
構造22

一級建築士学科試験:2023年7月23日(日)
令和05年度試験日まであと 日!

1.木材を使用した筋かいは、端部と軸部のどちらの耐力を大きくするか

解答:軸部(鋼材を使用した場合は端部)

2.木質構造に用いるボルトは、太く短いボルトと、細くて長いボルトでは、どっちが靭性が高い?

解答:細くて長いボルト

3.ボルトと釘は、どちらが剛性が高い?

解答:釘

4.ボルトと釘の併用は、両者の許容耐力を加算できる?

解答:できない(どちらか一方)

5.木質構造で、仕様規定(令3章3節)を満足すれば良い規模は?

解答:階数が2以下、高さ13m以下、軒の高さ9m以下、かつ延べ面積500m2以下

6.[各種構造]プレストレス鉄筋コンクリート構造のうち、コンクリート硬化後にPC鋼材を緊張してプレストレスと与える方式は?

解答:ポストテンション方式

7.前問の方式で、PC鋼材の緊張後に注入するものを?

解答:グラウト材

8.グラウト材を用いない方法もあるが、その方式を採用してはならない部材は?

解答:耐力壁

9.ポストテンション材の緊張材定着部では、耐圧板とコンクリート端面との接触面積が広くする?小さくする?

解答:広くする

10.プレテンション方式と、ポストテンション方式は、どっちの設計基準強度が大きい?

解答:プレテンション方式

11.壁式RC造の規模は?

解答:階数5以下、軒の高さ16m以下、階高3m以下(最上階は3.3mまでOK)

12.階高の規定値を超える場合の条件は?

解答:層間変形角と保有水平耐力計算によって安全が確かめられた場合

13.壁式RC造のコンクリートの設計基準強度は?

解答:18N/mm2

14.告示にて壁式RC造の壁量を減ずることができるのは、どんな時?3つ

解答:①耐力壁の厚さが規定値以上
②地震地域係数が1.0未満
③コンクリートの設計基準強度が18を超える

15.壁式RC造の耐力壁の開口部で、その長さの算定で無視できる大きさは?

解答:換気扇程度の大きさで、かつ補強を行った開口

16.耐力壁の実長は?

解答:450mm以上、かつ長さの30%(0.3h)

17.壁式RC造のせん断補強筋比は?

解答:平屋・屋上は0.15%、上から数えて2階は0.20%、それ以外・地階は0.25%

18.張り間方向を連層耐力壁による壁式構造とし、けた行方向を偏平な断面形状の壁柱と梁からなるラーメン構造とする構造をなんていう?

解答:壁式ラーメン鉄筋コンクリート構造

19.前問の構造の規定は?

解答:階数15以下で、軒の高さ45m以下

20.補強コンクリートブロック造に用いるブロックの種別は、ABCのうち、どれが圧縮強度が高い?

解答:C種(C>B>A)

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

ブリーディング

ブリーディング 「ブリーディング」とは、コンクリート中の骨材やセメント粒子が沈降し、逆に比重が小さい水分がコンクリートの表面に浮き出す現象のこと。 https://concrete-mc.jp/より …

消防法施行令34条の4

消防法施行令 第34条の4 適用が除外されない防火対象物の範囲 適用が除外されない防火対象物の範囲 第34条の4 法第17条の2の5第2項第四号の政令で定める複合用途防火対象物は、別表第一(十六)項イ …

即席単語帳計画16

即席単語帳計画16 一級建築士学科試験:2023年7月23日(日)令和05年度試験日まであと 日! 1.[マネジメント用語]技術的な中立を保ちつつ発注者の側に立つ者が、設計・発注・施工の各段階において …

熱線反射ガラス

熱線反射ガラス 熱線反射ガラスは、フロート板ガラスの表面に反射率の高い薄膜をコーティングしたものであり、可視光線を30%程度反射し、冷房負荷の軽減に有効である。 ビル窓などで多く使われており、デザイン …

no image

令82条の3

建築基準法施行令 第82条の3 保有水平耐力 第82条の3 建築物の地上部分については、第一号の規定によつて計算した各階の水平力に対する耐力(以下この条及び第82条の5において「保有水平耐力」という。 …

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い