2級建築士試験

ホルムアルデヒド

投稿日:2019年1月7日 更新日:

木材のF☆☆☆☆表示

ホルムアルデヒド

ホルムアルデヒドは、家具や建築資材、壁紙などの接着剤などに使用されている化学物質で汚染空気のひとつ。シックハウス症候群の原因物質の一つであり、多量に吸い込むと人体に影響がある。

家具や建築資材などから空気中に放散され、室内の空気が汚染される。室内の換気計画ではこのホルムアルデヒド濃度も重要である。

  

放散量の等級区分

日本工業規格(JIS)及び日本農林規格(JAS)において定められているホルムアルデヒドの放散しやすさは「☆(スター)」の数で表される。

F☆(エフ・ワン・スター):使用禁止
  →0.12mg/m2hを超えるもの「第一種ホルムアルデヒド発散建築材料」

F☆☆(エフ・ツー・スター):厳しい制限
  →0.02mg/m2hを超えるもの「第二種ホルムアルデヒド発散建築材料」

F☆☆☆(エフ・スリー・スター)床面積の1倍までしか使えない
  →0.005mg/m2hを超えるもの「第三種ホルムアルデヒド発散建築材料」

F☆☆☆☆(エフ・フォー・スター):制限なし
  →0.005mg/m2h以下のもの

☆が多いほど、ホルムアルデヒドの発散が抑えられ、人体への影響は少ない。

出題:平成22年度No.4平成29年度No.4

  

  

換気回数

エフ・フォー・スターであっても、ホルムアルデヒドは常に空気中に発散されている。なので、居室必要換気量は以下のように定められている。

空気1m3 あたり0.1mg以下

   




法規

法規上では、以下でホルムアルデヒドが規制物質であることを指定している。

ホルムアルデヒドに関しては、石綿その他物質飛散または発散に対する衛生上の措置」で規制物質を指定(①)し、技術的基準(②)をがかけられている。

①対象物質:「居室内において衛生上の支障を生ずるおそれがある物質」において「クロロホルム」と「アルムデホルヒド」を指定している。

②技術的基準:「居室を有する建築物の建築材料についてのホルムアルデヒドに関する技術的基準」において技術的基準を示している。

  

機械換気設備の設置の義務

F⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎であったとしても、少なからずホルムアルデヒドは居室内に発散されている。なので以下の条文で機械換気設備の能力に関して規定している。

①機械換気設備の義務:「居室を有する建築物の換気設備についてのホルムアルデヒドに関する技術的基準」
  →以下の有効換気量を確保する必要がある。

有効換気量Vr = nAh
(n:住宅は0.5・その他は0.3、A:床面積、h:天井高さ)

②上記①を適用しない特例:「居室を有する建築物のホルムアルデヒドに関する技術的基準の特例」
   →居室にはホルムアルデヒドの機械換気を義務付けているが、この条文で例外を設けている。

1年を通じて、当該居室内の人が通常活動することが想定される空間のホルムアルデヒドの量を空気1m3につきおおむね0.1mg以下に保つことができるものとして、国土交通大臣の認定を受けた居室

 







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

いぶし瓦

いぶし瓦は、焼き上がりの直前に松葉をいぶし、その炭素を表面に定着させる。この行程を経ることによって銀黒色になり、光沢を出すことができる。 出題(構造):平成24年度No.24

アークエアガウジング

アークエアガウジング 鉄骨構造の溶接時に不良部分が発生することがある。この不良部分をはつり取り、補修溶接する時に使うのが「アークエアガウジング」である。 アークエアガウジングは溶接時の不良部分を「アー …

法85条

建築基準法第85条仮設建築物に対する制限の緩和 第85条 非常災害があつた場合において、その発生した区域又はこれに隣接する区域で特定行政庁が指定するものの内においては、災害により破損した建築物の応急の …

no image

法21条

建築基準法第21条 (大規模の建築物の主要構造部等) 第21条 次の各号のいずれかに該当する建築物(その主要構造部(床、屋根及び階段を除く。)の政令で定める部分の全部又は一部に木材、プラスチックその他 …

ペデストリアンデッキ

ペデストリアンデッキ 人と車を立体的に分離する歩行者専用路で、車の交通と歩行者集中する駅周辺などで採用されている。 出題:平成30年度No.18、平成24年度No.17

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い