二級計画(音響)

建築士過去問解説

二級建築士試験分野別まとめ
計画
音響

二級建築士学科試験
2021年7月04日(日)

令和03年度試験日まであと 日!

このWEBサイトは建築士試験に限定した資料集です
(公益財団法人よりWEB上での公開認定取得済)

二級建築士試験の過去問13年分を
分野別にまとめました

(平成20年度から令和02年度まで)

二級建築士
計画
音響

〔R02 No.9〕吸音・遮音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ厚さの一重壁であれば、一般に、壁の単位面積当たりの質量が2倍になると、垂直入射する音の透過損失は3dB大きくなる。
2.室間音圧レベル差(D値)は、隣接する2室間の空気音の遮音性能を評価するものであり、その数値が大きいほど性能が優れている。
3.吸音材料は、一般に、音の透過性が高いので、遮音性能を期待できない。
4.多孔質材料の吸音率は、一般に、低音域より高音域のほうが大きい。
5.残響時間は、音源から発生した音が停止してから、室内の平均音圧レベルが60dB低下するまでの時間をいう。

解答 1:同じ厚さの一重壁であれば、一般に、単位面積当たりの質量が大きいものほど、音響透過損失が大きい(質量則:Mass Low)。単層壁の質量が2倍になると、透過損失の値は約6dB増加し、質量が3倍になれば透過損失の値は約9.5dB増加する。

〔R02 No.8〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.音波は、波の伝搬方向と媒質粒子の振動方向が等しい縦波である。
2.無限大の面音源から放射された音は、距離減衰することなく伝搬する。
3.直接音と反射音の行路差が17m以上になると、エコー(反響)が生じる可能性がある。
4.空気中の音速は、気温にかかわらず、340m/sである。
5.音における聴感上の三つの要素は、音の大きさ音の高さ、音色である。

解答 4:音の速さは以下の公式で求める。
C = 331.5 + 0.6 t
気温に大きく影響され、空気中の音の速さは0度の時に331.5 m/sである。そして1度ごとに0.6m/s ずつ増減する。

〔R01 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ音圧レベルの音であっても、3,000~4,000Hz程度の音が最も大きく聞こえる。
2.残響時間は、室容積に比例し、室内の総吸音力に反比例する。
3.人間の知覚可能な音の周波数の範囲は、一般に、20~20,000Hzである。
4.壁体における遮音性能は、音響透過損失の値が大きいほど優れている。
5.板状材料と剛壁との間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、低音域の吸音よりも高音域の吸音に効果がある。

解答 5:板状材料が振動して吸音するが、高音域より低音域を吸音する。剛壁との間の空気層が厚いほど低音の吸音効果は大きい。
関連問題:令和元年2級No.09平成28年2級No.09平成25年2級No.09平成24年2級No.09平成22年2級No.08

 

 

〔H30 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ音圧レベルの場合、一般に、1,000 Hzの純音より 125 Hzの純音のほうが小さく聞こえる。
2.日本工業規格(JIS)における床衝撃音遮断性能の等級Lrについては、その数値が小さくなるほど床衝撃音の遮断性能が高くなる。
3.音が球面状に一様に広がる点音源の場合、音源からの距離が 2 倍になると音圧レベルは約 3 dB低下する。
4.室内騒音レベルの許容値をNC値で示す場合、その数値が小さくなるほど許容される室内騒音レベルは低くなる。
5.室内騒音レベルの許容値は、「音楽ホール」より「住宅の寝室」のほうが高い。

解答 3:音波が球面上に一様に広がる音源の場合、音源からの距離が2倍になれば、単位面積あたりの音の強さは1/4になる。音圧レベルに換算すると、音の強さが2倍で3dB、4倍なので6dB低下する。

〔H29 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ厚さの一重壁であれば、一般に、壁の単位面積当たりの質量が大きいものほど、透過損失が大きい。
2.音が球面状に一様に広がる点音源の場合、音源からの距離が1/2になると音圧レベルは、約3dB上昇する。
3.残響時間は、音源から発生した音が停止してから、室内の平均音圧レベルが60 dB低下するまでの時間をいう。
4.多孔質材料の吸音率は、一般に、低音域より高音域のほうが大きい。
5.気温が高くなるほど、空気中の音速は速くなる。

解答 2:音波が球面上に一様に広がる音源の場合、音源からの距離が2倍になれば、単位面積あたりの音の強さは1/4になる。逆に、音源からの距離が1/2倍になれば、単位面積当たりの音の強さは4倍になる。音圧レベルに換算すると、音の強さが2倍で3dB、4倍なので6dB上昇する。

〔H28 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.残響時間を計算する場合、一般に、室温は考慮しない。
2.人の可聴周波数の上限は、一般に、年齢が上がるにつれて低下するので、高齢者は周波数の高い音が聴き取りにくくなる。
3.壁体における透過損失の値が小さいほど、遮音性能が優れている。
4.室内騒音レベルの許容値は、「図書館の閲覧室」より「音楽ホール」のほうが小さい。
5.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、「中高音域の吸音」より「低音域の吸音」に効果がある。

解答 3:透過損失は遮音性能を表す数値であり、値が大きいほど、遮音性能が優れている。

 

 

〔H27 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.透過損失は、同じ壁面であっても、入射する音の周波数によって変化する。
2.20歳前後の正常な聴力をもつ人が知覚可能な音の周波数の範囲は、20~20,000Hz程度である。
3.室内騒音の許容値は、一般に、「音楽ホール」より「住宅の寝室」のほうが小さい。
4.日本工業規格(JIS)における床衝撃音遮断性能の等級Lrについては、その数値が小さくなるほど床衝撃音の遮断性能が高くなる。
5.同じ音圧レベルの音であっても、3,000~4,000Hz程度の音が最も大きく聞こえる。

解答 3:室内騒音の許容値は、騒音レベルで表すと、住宅の寝室が35~40dB、音楽ホールが35~30dBで、住宅の寝室よりも音楽ホールの方が小さい。

〔H26 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.室内騒音の許容値をNC値で示す場合、NC値が大きくなるほど許容される騒音レベルは高くなる。
2.同じ厚さの一重壁であれば、一般に、壁の単位面積当たりの質量が大きいものほど、透過損失が大きい。
3.同じ音圧レベルの場合、一般に、1,000Hzの純音より100Hzの純音のほうが大きく聞こえる。
4.音が球面状に一様に広がる点音源の場合、音源からの距離が2倍になると音圧レベルは、約6dB低下する。
5.残響時間は、音源から発生した音が停上してから、室内の平均音圧レベルが60dB低下するまでの時間をいう。

解答 3:音は周波数が高いほど高音になり、1,000Hzの音は、10Hzの音よりも高音に聞こえる。また、人は低音に対する感度が鈍いため、同じ音圧レベルにおいては1,000Hzの音は、10Hzの音よりも大きく聞こえる。

〔H25 No.9〕図のような入射音がある壁の断面構成A~Cとその吸音特性ア~ウとの組合せとして、最もものは、次のうちどれか。

解答 3:3種類の音域に対してそれぞれ吸音率が高い材料は以下の通り。
高音域ー多孔質材料
中音域ー穿孔板材料
低音域ー板状材料

 

 

〔H24 No.9〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.人の可聴周波数の上限は、一般に、年齢が上がるにつれて低下するので、高齢者は周波数の高い音が聞き取りにくくなる。
2.日本工業規格(JIS)における床衝撃音遮断性能の等級Lrについては、その数値が小さくなるほど床衝撃音の遮断性能が高くなる。
3.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、低音域の吸音よりも高音域の吸音に効果がある。
4.壁体における音響透過損失の値が大きいほど、遮音性能が優れている。
5.残響時間は、室容積に比例する。

解答 3:薄いベニヤ板のような材料に音があたると、材料が振動して吸音し、高音域より低音域を吸音する。

〔H23 No.8〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.多孔質材料の吸音率は、一般に「低音域の音」より「高音域の音」のほうが小さい。
2.室内騒音の許容値は、「住宅の寝室」より「音楽ホール」のほうが小さい。
3.室内騒音の許容値をNC値で示す場合、NC値が大きくなるほど許容される騒音レベルは高くなる。
4.残響時間を計算する場合、一般に、室温は考慮しない。
5.同じ厚さの一重壁であれば、一般に単位面積当たりの質量が大きいものほど、音響透過損失が大きい。

解答 1:多孔質材料とはグラスウールが代表的なものであり、高音域の音を多く吸収する。

〔H22 No.8〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.音が球面上に一様に広がる点音源の場合、音源からの距離が1/2になると音圧レベルは、約3dB上昇する。
2.反響(エコー)は、音源からの直接音が聞こえた後、それと分離して反射音が聞こえることであり、会話を聞き取りにくくさせる。
3.同じ厚さの一重壁であれば、一般に、単位面積当たりの質量が大きいものほど、音響透過損失が大きい。
4.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、「高音域の吸音」より「低音域の吸音」に効果がある。
4.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、「高音域の吸音」より「低音域音吸音」に効果がある。
5.人の可聴周波数の上限は、一般に、年齢が上がるにつれて低下するので、高齢者は周波数の高い音が聴き取りにくくなる。

解答 1:音波が球面上に一様に広がる音源の場合、音源からの距離が2倍になれば、単位面積あたりの音の強さは1/4になる。逆に、音源からの距離が1/2倍になれば、単位面積当たりの音の強さは4倍になる。音圧レベルに換算すると、音の強さが2倍で3dB、4倍なので6dB上昇する。

 

 

〔H21 No.8〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.音が球面状に一様に広がる点音源の場合、音源からの距離が2倍になると音圧レベルは、約6dB低下する。
2.壁体における透過損失の値が小さいほど、遮音性能が優れている。
3.室内騒音の許容値をNC値で示す場合、NC値が小さくなるほど許容される騒音レベルは低くなる。
4.多孔質材料の吸音率は、一般に、低音源の音より高音域の音のほうが大きい。
5.同じ音響出力を有する機械が2台ある場合、1台のみを運転したときの音圧レベルが80dBであれば、2台同時に運転したときの音圧レベルは約83dBになる。

解答 2:透過損失は遮音性能を表す数値であり、値が大きいほど、遮音性能が優れている。

〔H20 No.8〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.残響時間を計算するときには、一般に、室温は考慮しない。
2.日本工業規格(JIS)における床衝撃音遮断性能の等級Lrについては、その数値が小さくなるほど床衝撃音の遮断性能が高くなる。
3.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、低音域の吸音よりも高音域の吸音に効果がある。
4.厚さが同じ壁体であれば、一般に、単位面積当たりの質量が大きい壁体ほど、透過損失が大きい。
5.室内騒音の許容値は、「住宅の寝室」より「音楽ホール」のほうが小さい。

解答 3:薄いベニヤ板のような材料に音があたると、材料が振動して吸音し、高音域より低音域を吸音する。

 

 

お問い合わせ

※当サイトに関する質問や、当サイトで閲覧した試験問題に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。当サイトは公益財団法人建築技術教育普及センターより正式に許諾を得て掲載しております。そのためご利用者様には厳正なご利用をお願しており、当サイトに関する一切のお問い合わせはサイト運営責任者までお願いします(掲載許諾条件(6))。センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

おすすめ参考書

過去問題を解くのがやはり合格への近道です

このサイトだけでも学習は可能ですが、紙媒体での学習も不可欠です

解説集は何種類もありますが、管理人のおすすめは以下の書籍!コスパとクオリティの面では…

 

1級建築士: 「1級建築士分野別厳選問題500+125(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士: 「2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ] 価格:2916円(税込、送料無料) (2019/1/21時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投稿日:2020年4月20日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは広告益のみの運営で、完全無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイス(→こちら)をお願いいたします。