2級建築士試験

第1種換気

投稿日:2019年1月9日 更新日:

換気計画において機械換気と自然換気があり、第1種換気は機械換気のうちのひとつ。

他にも第2種第3種があるが、「給気」と「排気」を自然換気か機械換気にするのかの違いがある。

この第1種換気は機械で「給気」し、機械で「排気」する。

安定した換気を行えるのが特徴で、映画館などの大人数が利用する室や、外気を取り込むことが難しい地下空間などに用いられる。室内を「正圧」にも「負圧」にもすることができる。

出題:平成24年度No.21







-2級建築士試験

執筆者:


  1. […] 他にも第1種と第2種があるが、「給気」と「排気」を自然換気か機械換気にするのかの違いがある。 […]

  2. […] 他にも第1種と第3種があるが、給気と排気を自然換気か機械換気にするのかの違いがある。 […]

  3. […] ・機械換気—-第1種換気 / 第2種換気 / 第3種換気 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

令2条2項

建築基準法施行令 第2条2項 令2条2項 前項第二号、第六号又は第七号の「地盤面」とは、建築物が周囲の地面と接する位置の平均の高さにおける水平面をいい、その接する位置の高低差が3メートルを超える場合に …

木造軸組設置基準に関する問題解説(1級H23年学科4No.09)

1級建築士試験H23年学科4No.09 設問:図のような木造軸組工法による平家建ての建築物(屋根は日本瓦茸とする。)において、建築基準法における木造建築物の「構造耐力上必要な軸組等」に関する次の記述の …

建築物の定義

建築物とは? 土地に定着する工作物のうち以下の4種類がある。 ①屋根及び柱若しくは壁を有するもの(これに類する構造のものを含む。)→「これに類する構造のもの」とは、「簡易な構造の建築物」のことである。 …

no image

令20条

建築基準法施行令 第20条 有効面積の算定方法 第20条 法28条第1項に規定する居室の窓その他の開口部(以下この条において「開口部」という。)で採光に有効な部分の面積は、当該居室の開口部ごとの面積に …

床面積–建築士試験用語

床面積とは 「床面積」とは、建築物の各階またはその一部で、壁その他の区画の「中心線」で囲まれた部分の「水平投影面積」である。 ただし、原則としてピロティ、ポーチ、バルコニー、吹きさらしの廊下、外階段は …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い