2級建築士試験

湿度

投稿日:2019年1月10日 更新日:

湿度は温熱環境4要素のうちのひとつで、温熱感覚を示すほとんどの指標で用いられている。

人は体温が高くなると汗を出して身体を冷やす。だが湿度が高いと発汗が進まずに体は冷却されないため、人は「熱い」と感じる。一般的に快適な湿度は40%〜60%である。

湿度は、絶対湿度と相対湿度で表される。

  




相対湿度 (%)

相対湿度は、ある空気中に含む事のできる最大(飽和)水蒸気量と、そこに含まれている水蒸気量の割合(%)である。

相対湿度 ( % ) = (水蒸気量 ( kg ) / 飽和水蒸気量 ( kg ) )×100

(出題:平成26年度No.3平成24年度No.3)

飽和水蒸気量(ある空気が含む事のできる水蒸気量)は温度が高いほど多くなる。なので相対湿度は1日の中で変化し、日中は低くなり、夜間は高くなる。

通常体感湿度は、乾球温度と湿球温度の差で測定する。この差が大きければ、相対湿度は低い。(出題:平成23年度No.4平成21年度No.3)

  

絶対湿度 (kg/kg’)

絶対湿度は、1kgの乾いた空気中に含まれている水蒸気の量(重さ:kg)を表す。

絶対湿度( g / m3 ) = 水蒸気量( kg ) / 乾いた空気 ( kg’ )

(平成21年度No.2)

  

違いわかりますか? むかし僕はこれを理解するのに苦労しました。僕の好きなのチョコレートで例えると…

チョコレート 1粒 10g として、1 kg’ 入る箱に入れると、0.01 kg / 1 kg’ になります。

10個だと0.10 kg / kg’ になりますね。

これが「絶対湿度」と同等のイメージになります。

ただ単に、箱にチョコレートが何個・何kg入っているか分かります。この時に箱がいくら大きくても、チョコレートの重さは変わりません。

なので、1日の中で絶対湿度はあまり変化しません。

(出題:平成29年度No.10平成27年度No.10)

また、この箱には最大1kg、つまり100個のチョコレートまで入れる事ができます。

これが「飽和水蒸気量」と同等のイメージです。

1個( 飽和水蒸気量)以上入れると溢れてしまう。このときチョコレートの重さ(飽和水蒸気量)は 1kg で相対湿度は 100% で、もし30個入っているとすると 30% になります。

例えが上手いとは言えませんが(笑)、下にいくつか練習問題を記します。

練習問題

Q1 気温27度の空気(飽和水蒸気量:25.8g)1kgの中に11.7gの水蒸気が含まれている。このときの絶対湿度と相対湿度は?

A1.1 →絶対湿度 = 11.7g

A1.2 →相対湿度 = ( 11.7g / 25.8g )×100 = 45.3%

Q2. 上記1の空気が32度(飽和水蒸気量:33.8g)まで上昇した。この時の絶対湿度と相対湿度は?

A2.1 →絶対湿度 = 11.7g

A2.2 →相対湿度 = ( 11.7g / 33.8g )×100 = 34.6%

Q3.上記1の空気が9度(飽和水蒸気量:8.8g)まで低下した。この時の絶対湿度と相対湿度は?

A3.1 →絶対湿度 = 8.8g

A3.2 →相対湿度 = ( 8.8g / 8.8g )×100 = 100%

※この時絶対湿度が8.8gまで下がったのは、水蒸気が空気の中に含む事ができずに 2.9g は水滴として生じることになる。

  

Q4.上記3の空気を元の27度(飽和水蒸気量25.8g )に戻すと、絶対湿度と相対湿度は?

A4.1 →絶対湿度 = 8.8g

A4.2 →相対湿度 = (8.8g / 25.8g )×100 = 34.8%

※A1.1の答えと異なりましたね。水滴として凝縮された水蒸気は戻らず、空気中に含まれる水蒸気量は8.8g となる。

出題:平成23年度No.4







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

令132条

建築基準法施行令 第132条 2以上の前面道路がある場合 2以上の前面道路がある場合 第132条 建築物の前面道路が2以上ある場合においては、幅員の最大な前面道路の境界線からの水平距離がその前面道路の …

アルミニウム製建具枠の取付け

アルミニウム製建具枠の取付け アルミニウム製建具枠の取り付けは、①鉄筋コンクリート造、②鉄骨造、③木造、それぞれ異なってくる。 ①鉄筋コンクリート造(溶接+モルタル充填) ・くさびで仮止めし、 ・アン …

no image

法20条

建築基準法第20条 (構造耐力) 第20条 建築物は、自重、積載荷重、積雪荷重、風圧、土圧及び水圧並びに地震その他の震動及び衝撃に対して安全な構造のものとして、次の各号に掲げる建築物の区分に応じ、それ …

総合設計制度

総合設計制度(建築基準法第59条の2) 「総合設計制度(建築基準法第59条の2)」は、都市計画で定められた制限に対して、建築基準法で特例的に緩和を認める制度の一つである。 公開空地の確保により市街地環 …

指定確認検査機関

指定確認検査機関は、建築基準適合性判定資格者の登録を受けた確認検査員を置いて、建築主事と同様に建築確認・中間検査・完了検査を行う民間の機関である。 この民間機関は、1つの県で業務を行う場合は都道府県知 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い