2級建築士試験

平成12年 建設省告示第 1399 号

投稿日:2019年3月12日 更新日:

●H12 建設省告示第 1399 号
耐火構造の構造方法を定める件
(平成12年5月30日建設省告示第1399号) 最終改正 平成16年9月29日国土交通省告 示第 1177 号

——————————————————————————–
建築基準法(昭和 25 年法律第 201 号)第 2 条第七号の規定に基づき、耐火構造の構造方法を次のように定める。

   

第 1 

壁の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 建築基準法施行令(昭和 25 年政令第 338 号。以下「令」という。)第 107 条第一号及び第二 号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が 2 時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する耐力壁である間仕切壁の構造方法にあっては、次のイからチまでのいずれ かに該当する構造とすることとする。

イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 3cm 未満のものを除く。)で厚さが 10cm 以上のもの
ロ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 4cm 以上の鉄網モルタルで覆ったもの(塗下地が不 燃材料で造られていないものを除く。)
ハ 軸組を鉄骨造とし、その両面を厚さが5cm以上のコンクリートブロック、れんが又は石で覆った もの
ニ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚及び仕上材料の 厚さの合計が 8cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚 さが 5cm 以上のもの
ホ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 3.5cm 以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの (塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)
ヘ 木片セメント板の両面に厚さ1cm以上モルタルを塗ったものでその厚さの合計が8cm以上のもの
ト 高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート製パネルで厚さが7.5cm以上のもの
チ 中空鉄筋コンクリート製パネルで中空部分にパーライト又は気泡コンクリートを充填(てん)したもので、厚さが 12cm 以上であり、かつ、肉厚が 5cm 以上のもの

二 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 1 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である間仕切壁の構造方法にあ っては、前号に定める構造とするか、又は次のイからホまでのいずれかに該当する構造とすることと する。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造で厚さが7cm以上のもの
ロ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 3cm 以上の鉄網モルタルで覆ったもの(塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)
ハ 軸組を鉄骨造とし、その両面を厚さが4cm以上のコンクリートブロック、れんが又は石で覆ったもの
ニ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚が5cm以上であり、 かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 4cm 以上のもの
ホ コンクリートブロック造、無筋コンクリート造、れんが造又は石造で肉厚及び仕上材料の厚さの 合計が 7cm 以上のもの

三 令第107条第二号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である間仕切壁の構造方法にあ っては、前号に定める構造とすることとする。

四 令第107条に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が2時間加えら れた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である外壁の構造方法にあっては、第一号に定める 構造とすることとする。

五 令第107条に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である外壁の構造方法にあっては、次に定めるものと する。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 第二号に定める構造とすること。

六 令第 107 条第二号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である外壁の延焼 のおそれのある部分の構造方法にあっては、前号に定める構造とすること。

七 令第 107 条第二号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である外壁の延焼 のおそれのある部分以外の部分の構造方法にあっては、前号に定める構造とすることとする。

    

第 2 

柱の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が3時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する柱の構造方法は、小径を 40cm 以上とし、かつ、次のイ又はロのいずれか に該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 6cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 8cm(軽量骨材を用いたものについては 7cm)以上の鉄網モルタル、厚さが9cm(軽量骨材を用いたものについては 8cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 9cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの

二 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が2時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する柱の構造方法は、次に定めるものとする。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 小径を25cm以上とし、かつ、次の(1)から(3)までのいずれかに該当する構造とすること。
(1) 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 5cm 未満のものを除く。)
(2) 鉄骨を塗厚さが 6cm(軽量骨材を用いたものについては 5cm)以上の鉄網モルタル、厚さが7cm(軽量骨材を用いたものについては 6cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 7cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
(3) 鉄骨を塗厚さが4cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの
三 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のものに限る。)に適合する柱の構造方法は、次に定めるものとする。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 次の(1)から(3)までのいずれかに該当する構造とすること。
(1) 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造
(2) 鉄骨を塗厚さが 4cm(軽量骨材を用いたものについては 3cm)以上の鉄網モルタル、厚さが5cm(軽量骨材を用いたものについては 4cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 5cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
(3) 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で鉄材に対するコンクリー トブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 5cm 以上のもの

    

第 3 

床の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 2 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する床の構造方法は、次のイからハまでのい ずれかに該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造で厚さが10cm以上のもの
ロ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚及び仕上材料の厚 さの合計が 8cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さ が 5cm 以上のもの
ハ 鉄材の両面を塗厚さが5cm以上の鉄網モルタル又はコンクリートで覆ったもの(塗下地が不燃 材料で造られていないものを除く。)

二 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 1 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する床の構造方法は、次のイからハまでのい ずれかに該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造で厚さが7cm以上のもの
ロ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚が 5cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 4cm 以上のもの
ハ 鉄材の両面を塗厚さが4cm以上の鉄網モルタル又はコンクリートで覆ったもの(塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)

    

第 4 

はりの構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が3時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 6cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 8cm(軽量骨材を用いたものについては 7cm)以上の鉄網モルタル、厚さが9cm(軽量骨材を用いたものについては 8cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 9cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ハ 鉄骨を塗厚さが5cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの

二 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が2時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 5cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 6cm(軽量骨材を用いたものについては 5cm)以上の鉄網モルタル、厚さが7cm(軽量骨材を用いたものについては 6cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 7cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ハ 鉄骨を塗厚さが4cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの

三 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 前号に定める構造
ロ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造
ハ 鉄骨を塗厚さが 4cm(軽量骨材を用いたものについては 3cm)以上の鉄網モルタル、厚さが5cm(軽量骨材を用いたものについては 4cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 5cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ニ 床面からはりの下端までの高さが 4m 以上の鉄骨造の小屋組で、その直下に天井がないもの 又は直下に不燃材料又は準不燃材料で造られた天井があるもの

   

第 5 

令第 107 条第一号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する屋根の構造方法は、次の 各号のいずれかに該当する構造とすることとする。

一 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造
二 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造
三 鉄網コンクリート若しくは鉄網モルタルでふいたもの又は鉄網コンクリート、鉄網モルタル、鉄材 で補強されたガラスブロック若しくは網入ガラスで造られたもの
四 鉄筋コンクリート製パネルで厚さ4cm以上のもの
五 高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート製パネル

   

第 6 

令第 107 条第一号に掲げる技術的基準に適合する階段の構造方法は、次の各号のいずれ かに該当する構造とすることとする。
一 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造
二 無筋コンクリート造、れんが造、石造又はコンクリートブロック造
三 鉄材によって補強されたれんが造、石造又はコンクリートブロック造
四 鉄造







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

土砂災害防止法10条

土砂災害防止法 第10条 特定開発行為の制限 特定開発行為の制限 第10条 特別警戒区域内において、都市計画法(昭和43年法律第百号)第4条第12項に規定する開発行為で当該開発行為をする土地の区域内に …

エレクションピース

エレクションピースとは? 「エレクションピース」は、鉄骨柱の建て方時の現場溶接部に設ける仮設用の材料。 現場溶接部を仮固定し、弱軸方向の剛性確保や溶接部の形状を保持するために用いる。 https:// …

妙喜庵待庵とは?ー建築士試験対策

妙みょう喜 き庵あん待たい庵 妙みょう喜 き庵あん待たい庵あんは、16世紀に京都府大山崎の東福寺派妙喜庵に隣接する茶室で、国宝に指定されている。 羽柴秀吉の命により千利休が建てたと伝えられており、現存 …

あおり止め金物

あおり止め金物 あおり止め金物 「あおり止め金物」とは、木構造に用いる補強金物の一つ。 トラスまたは垂木と、「頭つなぎ及び上枠」の接合に用いる。 出題:平成26年度No.12

no image

令86条

建築基準法施行令 第86条 積雪荷重 第86条 積雪荷重は、積雪の単位荷重に屋根の水平投影面積及びその地方における垂直積雪量を乗じて計算しなければならない。 2 前項に規定する積雪の単位荷重は、積雪量 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い