2級建築士試験

平成12年 建設省告示第 1399 号

投稿日:2019年3月12日 更新日:

●H12 建設省告示第 1399 号
耐火構造の構造方法を定める件
(平成12年5月30日建設省告示第1399号) 最終改正 平成16年9月29日国土交通省告 示第 1177 号

——————————————————————————–
建築基準法(昭和 25 年法律第 201 号)第 2 条第七号の規定に基づき、耐火構造の構造方法を次のように定める。

   

第 1 

壁の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 建築基準法施行令(昭和 25 年政令第 338 号。以下「令」という。)第 107 条第一号及び第二 号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が 2 時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する耐力壁である間仕切壁の構造方法にあっては、次のイからチまでのいずれ かに該当する構造とすることとする。

イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 3cm 未満のものを除く。)で厚さが 10cm 以上のもの
ロ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 4cm 以上の鉄網モルタルで覆ったもの(塗下地が不 燃材料で造られていないものを除く。)
ハ 軸組を鉄骨造とし、その両面を厚さが5cm以上のコンクリートブロック、れんが又は石で覆った もの
ニ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚及び仕上材料の 厚さの合計が 8cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚 さが 5cm 以上のもの
ホ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 3.5cm 以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの (塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)
ヘ 木片セメント板の両面に厚さ1cm以上モルタルを塗ったものでその厚さの合計が8cm以上のもの
ト 高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート製パネルで厚さが7.5cm以上のもの
チ 中空鉄筋コンクリート製パネルで中空部分にパーライト又は気泡コンクリートを充填(てん)したもので、厚さが 12cm 以上であり、かつ、肉厚が 5cm 以上のもの

二 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 1 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である間仕切壁の構造方法にあ っては、前号に定める構造とするか、又は次のイからホまでのいずれかに該当する構造とすることと する。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造で厚さが7cm以上のもの
ロ 軸組を鉄骨造とし、その両面を塗厚さが 3cm 以上の鉄網モルタルで覆ったもの(塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)
ハ 軸組を鉄骨造とし、その両面を厚さが4cm以上のコンクリートブロック、れんが又は石で覆ったもの
ニ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚が5cm以上であり、 かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 4cm 以上のもの
ホ コンクリートブロック造、無筋コンクリート造、れんが造又は石造で肉厚及び仕上材料の厚さの 合計が 7cm 以上のもの

三 令第107条第二号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である間仕切壁の構造方法にあ っては、前号に定める構造とすることとする。

四 令第107条に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が2時間加えら れた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である外壁の構造方法にあっては、第一号に定める 構造とすることとする。

五 令第107条に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のものに限る。)に適合する耐力壁である外壁の構造方法にあっては、次に定めるものと する。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 第二号に定める構造とすること。

六 令第 107 条第二号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である外壁の延焼 のおそれのある部分の構造方法にあっては、前号に定める構造とすること。

七 令第 107 条第二号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する非耐力壁である外壁の延焼 のおそれのある部分以外の部分の構造方法にあっては、前号に定める構造とすることとする。

    

第 2 

柱の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が3時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する柱の構造方法は、小径を 40cm 以上とし、かつ、次のイ又はロのいずれか に該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 6cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 8cm(軽量骨材を用いたものについては 7cm)以上の鉄網モルタル、厚さが9cm(軽量骨材を用いたものについては 8cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 9cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの

二 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が2時間加えられた場合のも のに限る。)に適合する柱の構造方法は、次に定めるものとする。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 小径を25cm以上とし、かつ、次の(1)から(3)までのいずれかに該当する構造とすること。
(1) 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 5cm 未満のものを除く。)
(2) 鉄骨を塗厚さが 6cm(軽量骨材を用いたものについては 5cm)以上の鉄網モルタル、厚さが7cm(軽量骨材を用いたものについては 6cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 7cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
(3) 鉄骨を塗厚さが4cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの
三 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のものに限る。)に適合する柱の構造方法は、次に定めるものとする。
イ 前号に定める構造とすること。
ロ 次の(1)から(3)までのいずれかに該当する構造とすること。
(1) 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造
(2) 鉄骨を塗厚さが 4cm(軽量骨材を用いたものについては 3cm)以上の鉄網モルタル、厚さが5cm(軽量骨材を用いたものについては 4cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 5cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
(3) 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で鉄材に対するコンクリー トブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 5cm 以上のもの

    

第 3 

床の構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それ ぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 2 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する床の構造方法は、次のイからハまでのい ずれかに該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造で厚さが10cm以上のもの
ロ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚及び仕上材料の厚 さの合計が 8cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さ が 5cm 以上のもの
ハ 鉄材の両面を塗厚さが5cm以上の鉄網モルタル又はコンクリートで覆ったもの(塗下地が不燃 材料で造られていないものを除く。)

二 令第 107 条第一号及び第二号に掲げる技術的基準(第一号にあっては、通常の火災による 火熱が 1 時間加えられた場合のものに限る。)に適合する床の構造方法は、次のイからハまでのい ずれかに該当する構造とすることとする。
イ 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造で厚さが7cm以上のもの
ロ 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造で、肉厚が 5cm 以上であり、かつ、鉄材に対するコンクリートブロック、れんが又は石のかぶり厚さが 4cm 以上のもの
ハ 鉄材の両面を塗厚さが4cm以上の鉄網モルタル又はコンクリートで覆ったもの(塗下地が不燃材料で造られていないものを除く。)

    

第 4 

はりの構造方法は、次に定めるものとする。この場合において、かぶり厚さ又は厚さは、それぞれモルタル、プラスターその他これらに類する仕上材料の厚さを含むものとする。

一 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が3時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 6cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 8cm(軽量骨材を用いたものについては 7cm)以上の鉄網モルタル、厚さが9cm(軽量骨材を用いたものについては 8cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 9cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ハ 鉄骨を塗厚さが5cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの

二 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が2時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造(鉄骨に対するコンクリート のかぶり厚さが 5cm 未満のものを除く。)
ロ 鉄骨を塗厚さが 6cm(軽量骨材を用いたものについては 5cm)以上の鉄網モルタル、厚さが7cm(軽量骨材を用いたものについては 6cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 7cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ハ 鉄骨を塗厚さが4cm以上の鉄網パーライトモルタルで覆ったもの

三 令第107条第一号に掲げる技術的基準(通常の火災による火熱が1時間加えられた場合のも のに限る。)に適合するはりの構造方法は、次のイからハまでのいずれかに該当する構造とするこ ととする。
イ 前号に定める構造
ロ 鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造又は鉄骨コンクリート造
ハ 鉄骨を塗厚さが 4cm(軽量骨材を用いたものについては 3cm)以上の鉄網モルタル、厚さが5cm(軽量骨材を用いたものについては 4cm)以上のコンクリートブロック又は厚さが 5cm 以上の れんが若しくは石で覆ったもの
ニ 床面からはりの下端までの高さが 4m 以上の鉄骨造の小屋組で、その直下に天井がないもの 又は直下に不燃材料又は準不燃材料で造られた天井があるもの

   

第 5 

令第 107 条第一号及び第三号に掲げる技術的基準に適合する屋根の構造方法は、次の 各号のいずれかに該当する構造とすることとする。

一 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造
二 鉄材によって補強されたコンクリートブロック造、れんが造又は石造
三 鉄網コンクリート若しくは鉄網モルタルでふいたもの又は鉄網コンクリート、鉄網モルタル、鉄材 で補強されたガラスブロック若しくは網入ガラスで造られたもの
四 鉄筋コンクリート製パネルで厚さ4cm以上のもの
五 高温高圧蒸気養生された軽量気泡コンクリート製パネル

   

第 6 

令第 107 条第一号に掲げる技術的基準に適合する階段の構造方法は、次の各号のいずれ かに該当する構造とすることとする。
一 鉄筋コンクリート造又は鉄骨鉄筋コンクリート造
二 無筋コンクリート造、れんが造、石造又はコンクリートブロック造
三 鉄材によって補強されたれんが造、石造又はコンクリートブロック造
四 鉄造







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

耐火建築物

耐火建築物 「耐火建築物」は、次のイとロのどちらも適合するものである。 イ 主要構造部が下の(1)もしくは(2)のいずれかであること  (1)耐火構造  (2)「耐火建築物の主要構造部に関する技術的基 …

重要事項の説明等ー建築士法

重要事項の説明等 第24条の7  建築士事務所の開設者は、設計受託契約又は工事監理受託契約を建築主と締結しようとするときは、あらかじめ、当該建築主に対し、管理建築士その他の当該建築士事務所に属する建築 …

no image

温度差による換気

換気には自然換気と機械換気があり、温度差による換気は自然換気のうちの一つである。 空気は20度、湿度65%、1気圧ときに、1リットル1.2gとなる。これを標準として、 ・空気は温められると軽くなり、膨 …

建築士法10条

建築士法 第10条 懲戒 懲戒 第10条 国土交通大臣又は都道府県知事は、その免許を受けた一級建築士又は二級建築士若しくは木造建築士が次の各号のいずれかに該当する場合においては、当該一級建築士又は二級 …

屋内消火栓設備

屋内消火栓設備は、消防隊が到着するまでの間の初期消火活動のための設備。館内にいる人が手動で行う。 1号消火栓は、1人がノズルを持ち、もう一人が開閉弁の操作を行う。なので2人での操作となるが、水量が多い …

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い