2級建築士試験

学科Ⅳ施工の過去問解説が完成しました!2級建築士試験過去問

投稿日:2019年4月3日 更新日:




過去問解説の完成!!

いつも閲覧ありがとうございます。4月になりましたので、そろそろ申し込みの時期ですよー!忘れずに申し込みしてくださいねー

   

さて、ご要望の多かった過去問への解説を作成開始しました。

  

当初の予定では解説はつけず、「単語」で解いていく手法を取る予定でしたが、あまりにも多くのご要望があり、後押しされて作成となりました。

  

まず学科Ⅳから試しに掲載完了させました。これから他の学科も掲載していく予定です。目標は4月10日までに完成を目指します!

  

解説の味方

各過去問ページに飛んでください。

各問の下に「クリックして回答を表示」ボタンがあるので、そこをクリックしたら出てきます。







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

舟肘木

舟肘木とは?ー建築士試験対策

舟肘木 舟肘木 舟肘木ふなひじきは船形の肘木で、柱の上に直接のせて軒桁を支える組物。上からの荷重を受ける。 最も単純な組物で装飾は単純、花形に装飾したものを花肘木という。 過去の出題 平成30年1級学 …

no image

公営住宅標準設計51C型

公営住宅標準設計51C型 「公営住宅標準設計51C型」は、親と子の寝室を分離させた2寝室と台所兼食事室(DK)からなる戦後日本の集合住宅のモデルになったものである。 標準設計にはA型(16坪)、B型( …

即席単語帳計画22

即席単語帳計画22 一級建築士学科試験:2023年7月23日(日)令和05年度試験日まであと 日! 1.[都市計画の実例]ポトマック川から国会議事堂に至る軸に象徴的な役割をもたせ、格子状街路に放射状街 …

短ざく金物

「短ざく金物」とは、1、1階の管柱の連結、又は胴差相互の接合部に用いる接合金物のこと。 出題:平成26年度No.12、平成25年度No.16 短冊金物

建築基準法施行令126条の4

建築基準法施行令 第126条の4 設置 設置 第126条の4 法別表第一(い)欄(一)項から(四)項までに掲げる用途に供する特殊建築物の居室、階数が3以上で延べ面積が500平方メートルを超える建築物の …

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い