2級建築士試験

孔内水平載荷試験

投稿日:2020年4月10日 更新日:




ボーリング孔内水平載荷試験(LLT)

「(ボーリング)孔内こうない水平載荷さいか試験(LLT)」とは、ボーリング孔を利用し、孔壁をガス圧や油圧を利用して加圧し、そのときの圧力と孔壁の変位の関係から、地盤の変形係数、水平地盤反力係数、降伏圧力、極限圧力、静止土圧などの地盤の力学特性を求めるもの。原位置試験のうちの一つ。

ボーリング孔壁が崩壊しなければ、すべての土質・岩盤、深度に適用できる。

※調査の範囲は、杭頭から約5mの深さ又は最大杭径の約5倍の深さまでで実施する。

過去の出題

平成25年1級学科5、No.05
平成15年1級学科4
平成12年1級学科4

令和元年1級学科4、No.20
平成29年1級学科4、No.19
平成26年1級学科4、No.22
平成20年1級学科3、No.07
平成16年1級学科3
平成11年1級学科3







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

室内の騒音

室内の騒音 室内騒音の許容値・スタジオ、音楽ホール ・・・ 25~30 ㏈・住宅、ホテル、会議室 ・・・ 35~40 ㏈・図書室、美術館     ・・・ 40~45 ㏈・体育館、作業場    ・・・  …

最適残響時間とはー建築士試験対策

最適残響時間 「最適残響時間」は室の用途と、室容積によって算定する。室容積が大きくなると残響時間も大きくなる。 最適な残響時間は、その部屋の用途と体積により推奨値が決まっっている。 室内に一定の強さの …

法7条の3,4

建築基準法第7条の3建築物に関する中間検査 第7条の3 建築主は、第6条第1項の規定による工事が次の各号のいずれかに該当する工程(以下「特定工程」という。)を含む場合において、当該特定工程に係る工事を …

令129条の2

建築基準法施行令 第129条の2 避難上の安全の検証を行う建築物に対する基準の適用 避難上の安全の検証を行う建築物に対する基準の適用 第129条の2 建築物のうち、当該建築物が全館避難安全性能を有する …

即席単語帳環境9

即席単語帳環境・設備9 一級建築士学科試験:2020年7月25日(日)令和03年度試験日まであと 日! 1.CO2の濃度制御を行う場合の感知機は、どこに設置するか? クリックして解答を表示 解答:室内 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い