2級建築士試験

コールドドラフト-建築士試験対策

投稿日:2019年3月31日 更新日:




コールドドラフト

「コールドドラフト」は、冬季において暖かい室内の空気が冷たい窓表面付近に触れて冷やされ、床面に下降することによって生じる。

暖房をつけても室内温度が上がらず、エネルギー効率が悪くなるので、窓の断熱性を高め、室内の空気の循環、カーテンの設置などで対策を行う。

出題:平成21年度No.03令和元年度No.05







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

沖縄コンベンションセンター

沖縄コンベンションセンター 沖縄コンベンションセンター 「沖縄コンベンションセンター」は、沖縄県宜野湾市にあるコンベンションセンターである。パーゴラのある中央広場を囲むように、劇場棟、展示棟及び会議棟 …

ムーブネット

ムーブネット 「ムーブネット」とは菊池清訓によって提唱された、広い空間を「家具」や「自在・可変な壁」によって区切る手法。菊池の手がけたスカイハウスはこれを表現している。 (スカイハウスは)四間四方(約 …

令和02年度2級建築士学科合格者

令和02年2級建築士「学科の試験」合格者 試験日程 試験日   :令和2年7月5日(日) 試験会場  :全国65会場 実受験者数 :18,258人 合格者数: :7,565人 合格率   :41.4% …

型板ガラス:2級建築士試験対策

型板ガラス 型板ガラスとは、ロールアウト製法によってガラスの片面に型模様をつけたガラス。2本の水冷されたロールの間に溶解されたガラスを通して模様をつける。 光を通しながら視線を遮ることが可能で、光を柔 …

熱線吸収板ガラス

熱線吸収板ガラス 「熱線吸収板ガラス」は、鉄やコバルト、ニッケル、セレンなどの金属を微量添加して着色したガラス。 日射エネルギーを20~60%程度吸収して、冷房効果を高めることができる。 出題:平成2 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い