平成29年度2級建築士-学科Ⅳ施工

平成29年度2級建築士 
学科Ⅳ 施工25問

〔No.1〕下に示すネットワーク工程表に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.この工事全体は、最短15日で終了する。

2.A作業の所要日数を1日短縮しても、この工事全体の作業日数は変わらない。

3.D作業の所要日数を3日短縮すると、この工事全体の作業日数は、2日の短縮となる。

4.E作業が終了しなければ、G作業は開始できない。

5.F作業のフリーフロート(後続作業に影響せず、その作業で自由に使える余裕時間) は、1日である。

解答 3 および 5:
(注)No.1については、二つの正答枝があったので、枝3及び枝5を正答枝としています。

No.03:D作業の所要日数を3日短縮すると、B+D+G+Hは12日になり、クリティカルパスは、A+E+G+HとB+C+G+Hの14日になる。よって当初のクリティカルパスである15日から、工事全体の作業日数は1日短縮されて14日になる。


No.05:フリーフロートとは、後続作業の最早開始時刻-当該作業の最早終了時刻で求められる。F作業の後続作業Hが開始する時刻は、後続作業HがB+D+Gの12日、F作業の最早終了時刻はA+E+FとB+C+Fの10日より、この時のフリーフロートは、12日-10日=2日となる。

 

 

〔No.2〕建築士法の規定に基づく建築士事務所の開設者が、その業務に関して請求することのできる報酬の基準において、建築士が行う工事監理に関する標準業務及びその他の標準業務に該当しないものは、次のうちどれか。

1.工事監理の着手に先立って、工事監理体制その他工事監理方針について建築主に説明する。

2.設計図書の内容を把握し、設計図書に明らかな矛盾、不適切な納まり等を発見した場合には、建築主に報告し、必要に応じて建築主を通じて設計者に確認する。

3.工事施工者から提出される請負代金内訳書の適否を合理的な方法により検討し、建築主に報告する。

4.各工事の専門工事業者と工事請負契約を締結する。

5.工事施工者から提出される最終支払いの請求について、工事請負契約に適合しているかどうかを技術的に審査し、建築主に報告する。

解答 4:
NO.4で示している業務は「受注者(施工者)」の業務。設計士の工事監理業務ではない。

 

 

〔No.3〕工事現場における材料等の保管に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。 

1.既製コンクリート杭は、地盤を水平にならし、杭の支持位置にまくら材を置き、1段に並べ仮置きした。

2.鉄筋及び鉄骨は、泥土が付かないように受材の上に置き、シート養生を行い保管した。

3.高力ボルトは、雨水・じんあいなどが付着せず、温度変化の少ない場所に、等級別、ねじの呼び別、長さ別に整理して保管した。

4.アスファルトルーフィングは、屋内の乾燥した場所に立置きにして保管した。

5.巻いたビニル壁紙は、くせが付かないように、井桁積みにして保管した。

解答 5:
巻いたビニル壁紙は、クセがつかないように立てて保管しなければならない。(建築工事監理指針)

 

 

〔No.4〕建築の工事現場から排出される廃棄物に関する次の記述のうち、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律」上、誤っているものはどれか。

1.一戸建て住宅の新築工事に伴って生じた紙くずを、一般廃棄物として処理した。

2.事務所の基礎工事に伴って生じた汚泥を、産業廃棄物として処理した。

3.共同住宅の新築工事に伴って生じた木くずを、産業廃棄物として処理した。

4.事務所の改築工事に伴って生じたコンクリートの破片を、産業廃棄物として処理した。

5.共同住宅の改築工事に伴って生じた廃プラスチック類のうち、ポリ塩化ビフェニルが封入されたものを、特別管理産業廃棄物として処理した。

解答 1:
一戸建て住宅の新築工事に伴って生じた紙くずは、産業廃棄物に該当する。(廃棄物の処理及び清掃に関する法律施行令第2条一号)

 

 

〔No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.鉄骨造2階建ての建築物の工事において、高さ1.8mの仮囲いを設けた。

2.工事用シートの取付けにおいて、足場に水平材を垂直方向5.5m以下ごとに設け、隙間やがないように緊結材を使用して足場に緊結した。

3.高さ18mのくさび緊結式足場の組立てにおいて、建枠・建地の間隔を、桁行方向1.8m、梁間方向1.5mとした。

4.架設通路の階段の踊り場において、墜落の危険のある箇所には、高さ80cmの手すりを設け、高さ40cmの中桟を取り付けた。

5.ベンチマークは、相互にチェックできるように2箇所設置し、移動しないようにそれらの周囲に養生を行った。

解答 4:
架設通路の階段の踊り場には、「作業床」と労働者の墜落防止のための「中桟」を設置する。手すりは作業床からの85cm以上とし、中桟は高さ35cm以上、50cm以下に設置する。(労働安全衛生規則)

 

 

〔No.6〕地盤の調査事項とその調査方法との組合せとして、最も不適当なものは、次のうちどれか。

1.地盤のせん断強さ————ベーン試験

2.地盤の粒度分布 ————平板載荷試験

3.地盤構成    ————ボーリング

4.地下埋設物の調査————電磁波探査法

5.N値      ————標準貫入試験

解答 2:
地盤の粒度分布は、粒度試験により求められる。平板裁荷試験は、地盤の支持力を判定する。

 

 

〔No.7〕木造2階建て住宅の基礎工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.柱脚部の短期許容耐力が25kN以下のホールダウン専用アンカーボルトのコンクリート基礎への埋込み長さは、360mmとした。

2.布基礎の底盤部分の主筋にD10を用い、その間隔を300mmとした。

3.アンカーボルトの埋込み位置は、隅角部及び土台の継手位置付近とし、その他の部分は間隔を2.0mとした。

4.床下の防湿措置において、床下地面全面に厚さ0.15mmのポリエチレンフィルムを、重ね幅100mmとして敷き詰めた。

5.布基礎の立上りの厚さは150mmとし、セパレーターを用いて型枠の幅を固定した。

解答 4:
床下の防湿処置は、厚さ0.1mm以上の防湿フィルム(ポリエチレンフィルム等)を敷き詰め、重ね幅は150mm以上とする。(木造住宅工事仕様書)

 

 

〔No.8〕型枠工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.せき板として使用する合板は、直射日光にさらされないように、シート等を使用して保護した。

2.柱及び壁のせき板は、計画供用期間の級が「短期」であり、コンクリートの打込み後4日間の平均気温が10°Cであったので、圧縮強度試験を行わずに取り外した。

3.型枠は、足場等の仮設物とは連結させずに設置した。

4.使用後の型枠については、コンクリートに接する面をよく清掃し、締付けボルト等の貫通孔を修理した後、離剤を塗り再使用した。

5.スリーブには、鋼管を使用し、管径が大きい箇所にはコンクリート打込み時の変形防止のために補強を行った。

解答 2:
以下の表より、6日は必要である。

建物物の部分
残置日数・平均気温
コンクリートの圧縮強度
20℃以上
10℃以上
20℃未満
5N/mm2
基礎・梁側・柱・壁
4日
6日

 

 

 

 

〔No.9〕鉄筋工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.屋根スラブの下端筋として用いる鉄筋の直線定着の長さを、10d以上、かつ、150mm以上とした。

2.D19の鉄筋に180度フックを設けるための折曲げ加工を行ったので、その余長を4dとした。

3.鉄筋径が異なるガス圧接継手において、圧接部のの直径を、細いほうの鉄筋径の1.4倍以上とした。

4.梁主筋を柱内に定着させる部分では、柱せいの1/2の位置において、梁主筋を折り曲げた。

5.柱の四隅の主筋において、最上階の柱頭の末端部には、フックを付けた。

解答 4:
梁筋を柱内に定着させる部分では、通常、90度フック付き定着とし、柱せいの2/3倍以上のみこませて定着長さを確保する。(JASS 5)

 

 

〔No.10〕コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.コンクリートの打込み中に降雨となったので、打込み箇所を上屋やシートで覆ったうえで、工事監理者の承認を受け、打込み作業を継続した。

2.コンクリートの打込み中において、スラブ筋の跳ね上がりやスペーサーからの脱落が生じたので、打込みを中断して修正を行い、必要な措置を講じたうえで、打込みを再開した。

3.コンクリートの打継ぎ面は、散水後の水膜を残した状態からコンクリートを打ち込んだ。

4.梁及びスラブにおけるコンクリートの鉛直打継ぎの位置を、そのスパンの端から1/4付近とした。

5.寒冷期のコンクリートの打込み工事であったので、コンクリートを寒気から保護し、打込み後5日間にわたって、コンクリート温度を2°C以上に保った。

解答 3:
コンクリートの打ち継ぎ面には水膜を残さないようにする。打ち継ぎ面に水が溜まっている場合、その部分の水セメント比が大きくなり、期待する品質が得られなくなる。(建築工事監理指針)

 

 

〔No.11〕コンクリート工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.普通コンクリートの気乾単位容積質量を、2.3t/m3とした。

2.コンクリートのワーカビリティーを改善し、所要のスランプを得るため、AE減水剤を使用した。

3.軽量コンクリートに用いる人工軽量骨材は、コンクリートの輸送によってスランプの低下等が生じないよう、あらかじめ十分に吸水させたものを使用した。

4.荷卸し時のコンクリートにおいて、空気量が指定された値に対して、-1.0%であったので、許容した。

5.コンクリートの強度試験は、レディーミクストコンクリート工場及びコンクリートの種類が異なるごとに1日1回、かつ、コンクリート200m3ごとに1回行った。

解答 5:
コンクリートの強度試験は、レディーミクストコンクリート工場及びコンクリートの種類が異なるごとに1日1回以上、かつ、コンクリート150m3ごとに1回以上行う。(公共建築工事標準仕様書)

 

 

〔No.12〕鉄骨工事における建方に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 高力ボルト接合による継手の仮ボルトは、本接合のボルトと同軸径の普通ボルトを用い締付け本数は、一群のボルト数の1/3以上、かつ、2本以上とした。
  2. 柱接合部のエレクションピースは、あらかじめ工場において、鉄骨本体に強固に取り付けた。
  3. 本接合に先立ち、ひずみを修正し、建入れ直しを行った。
  4. ターンバックル付きの筋かいを有する構造物においては、その筋かいを用いて建入れ直しを行った。
  5. 架構の倒壊防止用に使用するワイヤーロープを、建入れ直し用に兼用したた。

解答 4:
ターンバックル付きの筋かいを有する構造物においては、そのターンバックル付き筋かいを用いて建入れ直しは行ってはならない。

 

 

〔No.13〕高力ボルト接合に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.座金との接触面にがあったので、ディスクグラインダー掛けにより取り除き、平らに仕上げた。

2.高力ボルト摩擦接合部の摩擦面には、締付けに先立ち防せい塗装を行った。

3.一次締め終了後に行うボルトのマーキングは、ボルト軸から、ナット、座金及び母材(添え板)にかけて行った。

4.トルシア形高力ボルトの締付け検査において、締付けの完了したボルトのピンテールが破断したものを合格とした。

5.作業場所の気温が0°C以下となり、接合部に着氷のがあったので、締付け作業を中止した。

解答 2:
防錆塗装において、高力ボルト摩擦接合部の摩擦面は塗装してはならない。(JASS 6)

 

 

〔No.14〕補強コンクリートブロック工事及び外壁のALCパネル工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.りょうの直下のブロックには、横筋用ブロックを使用し、りょうへのコンクリートの打込みを行った。

2.ブロックの空洞部を通して電気配管を行うに当たり、横筋のかぶり厚さに支障のないように空洞部の片側に寄せて配管を行った。

3.ブロック塀の縦筋については、下部は基礎に定着させ、上部は最上部の横筋に90度フック、余長5dで定着させた。

4.ALCパネルの最小幅は、300mmとした。

5.ALCパネルの短辺小口相互の接合部の目地幅は、耐火目地材を充填する必要がなかったので、10mmとした。

解答 3:
補強コンクリートブロック造の塀の縦筋については、下部は基礎に定着させ、上部は最上部の横筋に180度フック、余長10d以上で定着させる。(公共建築工事標準仕様書)

 

 

〔No.15〕木工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
  1. 根太を設けた床組の床下地板には、厚さ12mmのパーティクルボードを使用した。
  2. 桁に使用する木材については、継伸しの都合上、やむを得ず短材を使用する必要があったので、その長さを2mとした。
  3. 外壁の通気構法において、特記がなかったので、下地の通気胴縁の寸法を、厚さ18mm×幅100mmとした。
  4. 建入れ直し後の建方精度の誤差において、特記がなかったので、垂直・水平ともに1/1,000以下を許容した。
  5. 防腐処理において、薬剤を塗布した後、十分に乾燥させ、2回目の塗布を行った。

解答 1:
根太を設けた床下地板にパーティクルボードを使用する場合、厚さ15mm以上のものを用いる。(木造住宅工事仕様書)

 

 

〔No.16〕木工事の継手・仕口等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.大引の継手は、床づか心から150mm程度持ち出した位置とし、腰掛け蟻継ぎとした。

2.せっこうラスボードの張付けにおいて、釘留め間隔をボード周辺部については150mm、その他の中間部は200mmとした。

3.末口寸法180mmの小屋梁の継手は、受材上で台持ち継ぎとし、六角ボルトM12で緊結した。

4.床仕上げの縁甲板張りは、本ざね、隠し釘打ちとした。

5.開口部のまぐさ・窓台の仕口は、柱に対して傾ぎ大入れとした。

解答 2:
せっこうボード・その他のボードの張付けにおいて、釘留め間隔をボード周辺部については100mm内外、その他の中間部は150mm内外とする。(木造住宅工事仕様書)

 

 

〔No.17〕防水工事及び屋根工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.シーリング工事において、バックアップ材はシーリング材と十分に接着させた。

2.住宅屋根用化粧スレートの葺板は、特記がなかったので、1枚ごとに専用釘を用いて野地板に直接留め付けた。

3.アスファルト防水工事において、出隅・入隅等へのストレッチルーフィングの増張りを行った後、一般平場部分にストレッチルーフィングを張り付けた。

4.木造住宅の粘土瓦葺における瓦の留付けに使用する緊結線は、径0.9mmのステンレス製のものとした。

5.木造住宅の金属板葺の下地に使用する改質アスファルトルーフィング下葺材の張付けは、野地板の上に軒先と平行に敷き込み、重ね幅をシートの長手方向200mm、流れ方向100mmとした。

解答 1:
バックアップ材はボンドブレーカーと同様、シーリング材と接着せず、シーリング材の性能を低下させないものとする。(JASS 8)

 

 

〔No.18〕 左官工事、タイル工事及び石工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.外壁湿式工法による石材の取付けにおいて、石材の裏面とコンクリート躯体面との間隔を40mmとした。

2.壁のタイルの改良圧着張りにおいて、タイル下地面とタイル裏面の双方に張付けモルタルを塗り付けた。

3.壁のモザイクタイル張りにおいて、表張り紙の紙はがしは、張付け後に時期を見計らい、表面に水湿しをしてから行った。

4.ラス下地面へのせっこうプラスター塗りにおいて、上塗りは中塗りが半乾燥の状態のうちに行った。

5.屋内の床面のセルフレベリング材塗りにおいて、材料が硬化するまでの間は、窓や出入口を開けて通風を確保した。

解答 5:
セルフレベリング材が硬化する前に風が当たると、表面が動いてしまい、シワの原因となってしまう。であるから、材料が硬化するまでの間は、窓や出入口を閉めて通風は避けるようにする。(建築工事監理指針)

 

 

〔No.19〕塗装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.木部の素地 において、節止めに木部下塗り用調合ペイントを塗布した。

2.屋内のせっこうボード面は、合成樹脂エマルションペイント塗りとした。

3.内壁の中塗り及び上塗りにおいて、塗料の色を変えた。

4.塗装場所の湿度が85%であったので、塗装を行わなかった。

5.冬期におけるコンクリート面への塗装において、コンクリート素地の乾燥期間の目安を、14日間とした。

解答 5:
コンクリート面の素地の乾燥期間は、夏期は21日(3週間)以上、冬季は28日(4週間)以上とする。(建築工事監理指針)

 

 

〔No.20〕建具工事、ガラス工事及び内装工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.鉄筋コンクリートの水掛り部分におけるアルミニウム製建具枠の取付けに当たって、仮留め用のを取り除き、モルタルを充填した。

2.アルミニウム製建具に厚さ18mmの複層ガラスをはめ込むに当たって、特記がなかったので、建具枠のガラス溝の掛り代を15mmとした。

3.接着工法により直張り用複合フローリングを張り付けるに当たって、ウレタン樹脂系接着剤を用いた。

4.コンクリート壁下地にせっこうボードを直張りするに当たって、せっこうボード表面への仕上材に通気性があったので、直張り用接着剤の乾燥期間を、5日間とした。

5.全面接着工法によりフリーアクセスフロア下地にタイルカーペットを張り付けるに当たって、タイルカーペットは、下地パネルの目地にまたがるように割り付けた。

解答 4:
コンクリート壁下地にせっこうボードを直張りする場合の接着剤の乾燥期間は、せっこうボード表面への仕上材に通気性がある時には7日以上、通気性のない場合は20日以上とする。(公共建設工事標準仕様書)

 

 

〔No.21〕木造住宅における設備工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.雨水用排水には、深さ150mmの泥だめを設けた。

2.住宅用防災警報器は、天井面から下方0.15m以上0.5m以内の位置にある壁の屋内に面する部分に取り付けた。

3.ユニットバスの設置に当たって、下地枠の取付けに並行して、端末設備配管を行った。

4.LPガス(液化石油ガス)のガス漏れ警報設備の検知器は、ガス燃焼器から水平距離4m以内、かつ、その上端が床面から上方0.3m以内の位置となるように取り付けた。

5.給水管と排水管を平行に地中に埋設するに当たって、両配管の水平間隔を400mmとし、給水管が排水管の上方となるようにした。

解答 5:給水管と排水管とを平行して埋設する部分については、漏水しても安全なように、給水管を排水管の上方に埋設し、両配管の水平実間隔が500mm程度確保されていることを確認する。(公共建築工事標準仕様書 機械設備工事編)
(関連問題:令和元年1級学科5、No.20平成25年1級学科5、No.20平成26年2級学科4、No.21平成23年2級学科4、No.20平成21年2級学科4、No.20)

 

 

〔No.22〕改修工事等に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.外壁のタイル張替えにおいて、張付け後のタイルの引張接着強度は、接着力試験機を用いて測定した。
2.コンクリート打放し仕上げの外壁改修において、幅0.5mmの挙動のある割れについては、Uカットシール材充填工法を採用した。

3.かぶせ工法によるアルミニウム製建具の改修において、既存枠へ新規に建具を取り付けるに当たり、小ねじの留付け間隔は、中間部で500mmとした。

4.床の改修において、ビニル床シートの張付け前にモルタル下地の乾燥程度を確認するため、高周波式水分計による計測を行った。

5.建材の撤去において、アスベスト含有の有無を把握するため、目視、設計図書等により製品名、製造所名、製造年月日等の確認を行った。

解答 3:
かぶせ工法によって既存枠へ新規に建具を取り付ける場合、留付け間隔は、端部で100mm以下、中間部で400mm以下とする。(公共建築改修工事標準仕様書)

 

 

〔No.23〕建築工事に用いられる工法及び機械・器具に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.杭工事において、地盤が軟弱であったので、地盤アンカー工法を採用した。

2.防水工事において、におい対策に有効なトーチ工法を採用した。

3.土工事において、掘削機械が置かれている地面よりも高い位置の土砂の掘削に、パワーショベルを使用した。

4.鉄筋工事において、鉄筋の切断にシヤーカッターを使用した。

5.鉄骨工事において、トルシア形高力ボルトの一次締付けに電動式インパクトレンチを使用した。

解答 1:
地盤アンカー工法は山留め工事である。地盤アンカー工法は、切ばりの代わりに、山留め壁にかかる側圧を、良質地盤に定着させた地盤アンカーによって、支えながら掘削する工法。

 

 

〔No.24〕工事費の構成において、A~Cに該当する用語の組合せとして、最もものは、次のうちどれか。

解答 5:


建築数量積算基準

 

 

 

〔No.25〕請負契約に関する次の記述のうち、民間(旧四会)連合協定「工事請負契約約款」に照らして、最も不適当なものはどれか。

1.施工のため第三者に損害を及ぼしたときは、発注者の責めに帰すべき事由により生じたものを除き、受注者の負担とする。

2.受注者は、発注者に対して、工事内容の変更(施工方法等を含む。)に伴う請負代金の増減額を提案することができない。

3.受注者は、工事の施工中、この工事の出来形部分と工事現場に搬入した、工事材料、建築設備の機器などに火災保険又は建設工事保険を付し、その証券の写しを発注者に提出する。

4.発注者は、受注者、監理者又は設計者(その者の責任において設計図書を作成した者をいう。)の求めにより、設計意図を正確に伝えるため設計者が行う質疑応答又は説明の内容を受注者及び監理者に通知する。

5.契約を解除したときは、発注者が工事の出来形部分並びに検査済みの工事材料及び設備の機器(有償支給材料を含む。)を引き受けるものとして、発注者及び受注者が協議して清算する。

解答 2:
受注者は、発注者に対して、工事内容の変更(施工方法等を含む。)に伴う請負代金の増減額を提案することができる。(民間連合協定「工事請負契約約款」第28条)

 

 

平成29年度2級建築士問題

学科Ⅰ-計画

学科Ⅱ-法規

学科Ⅲ-構造

学科Ⅳ-施工

その他の年度の過去問はこちらから

平成20年度2級建築士問題集   →平成21年度2級建築士問題集

平成22年度2級建築士問題集   →平成23年度2級建築士問題集

平成24年度2級建築士問題集   →平成25年度2級建築士問題集

平成26年度2級建築士問題集   →平成27年度2級建築士問題集

平成28年度2級建築士問題集   →平成29年度2級建築士問題集

平成30年度2級建築士問題集

投稿日:2018年12月13日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す人へ無料で公開しております。過去問の閲覧にはパスワードが必要なので、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは広告益のみの運営で、完全無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイス(→こちら)をお願いいたします。