平成20年度2級建築士-学科Ⅰ計画

平成20年度 学科Ⅰ-計画
25問掲載

二級建築士学科試験
2022年7月03日(日)

令和04年度試験日まであと 日!




〔H20 No.01〕日本建築史に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.法隆寺金堂(奈良県)は、重層の入母屋造りの屋根をもつ堂であり、飛鳥様式で建てられた建築物である。
2.平等院鳳凰堂(京都府)は、中堂の左右に重層の翼廊が配置されており、奈良時代に建てられた建築物である。
3.中尊寺金色堂(岩手県)は、外観が総うるし塗りの金ぱく 押しで仕上げられた方三間の仏堂であり、平安時代に建てられた建築物である。
4.東大寺南大門(奈良県)は、天竺様(大仏様)の建築様式であり、鎌倉時代に再建された建築物である。
5.日光東照宮(栃木県)は、本殿と拝殿とを石の間でつなぐ権現造りの形式による霊廟れいびょう建築であり、江戸時代に建てられた建築物である。

解答 2:平等院鳳凰堂は平安時代の建築物。同じ時代には浄瑠璃寺本堂(京都)や中尊寺金色堂(岩手)、天台宗の比叡山延暦寺、真言宗の高野山金剛峯寺などがあり、神社建築に厳島神社社殿などがある。

〔H20 No.02〕建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.熱容量は、物質の比熱に質量を乗じた値であり、その値が大きいほど、温めるのに多くの熱量を必要とする材料であることを表す。
2.PMV(予測平均温冷感申告)は、温度湿度気流放射の四つの温熱要素に加え、着衣量作業量を考慮した温熱指標のことである。
3.残響時間は、室内において音源から発生した音が停止してから、音圧レベルが60dB低下するまでの時間である。
4.昼光率は、室内における点の昼光による照度と、全天空照度との比率である。
5.熱伝導率は、材料内部の熱の伝わりやすさを示す材料固有の値であり、その値が大きいほど、断熱性が高い材料であることを表す。

解答 5:「熱伝導率」は物体内部の熱の伝わりやすさの指数である。熱伝導率の値が大きいほど熱を伝えやすい材料であることを示す。

〔H20 No.03〕図に示す空気線図に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.「乾球温度10℃、相対湿度30%」の空気を、「乾球温度25℃、相対湿度60%」の状態にするには、加熱と同時に乾燥空気1kg当たり約10gの加湿が必要である。
2.「乾球温度25℃、相対湿度70%」の空気を、乾球温度10℃まで冷却した後、乾球温度30℃まで加熱すると、相対湿度は約30%になる。
3.「乾球温度15℃、相対湿度40%」の空気を、乾球温度26℃まで加熱すると、相対湿度は約20%になる。
4.「乾球温度20℃、相対湿度40%」の空気が表面温度10℃の窓ガラスに触れると、窓ガラスの表面で結露する。
5.乾球温度が9℃から20℃に上昇すると、空気に含むことができる最大の水蒸気量は約2倍になる。

解答 4:乾球温度20℃、相対湿度40%の空気の飽和温度は約5℃。なので10%の窓ガラスに触れても表面で結露しない。

〔H20 No.04〕室内空気汚染及び換気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.第二種換気法は、周囲に対して室内が正圧となるので、室内への汚染空気の流入を防ぐのに適している。
2.建築材料におけるホルムアルデヒド放散量は、「F☆☆☆☆と表示するもの」より「F☆☆と表示するもの」のほうが少ない。
3.住宅の居室において、機械換気設備を設ける場合、一般に、換気回数が0.5回/h以上となる機械換気設備とする。
4.住宅には、クロルピリホスを含有する建築材料を使用してはならない。
5.住宅の居室において、二酸化炭素を基準として必要換気量を計算する場合、一般に、二酸化炭素の許容濃度は0.1%(1,000ppm)である。

解答 2:ホルムアルデヒドは、粘膜への刺激性があり、蒸気は呼吸器系、喉、目などに炎症を起こす「シックハウス症候群」の原因物質の一つである。その評価については4段階に分けられ、「F☆」が最も多く、「F☆☆☆☆」が最も少ない。

〔H20 No.05〕イ~への条件により計算した窓のある外壁の熱損失の値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、定常状態とする。

条件:
イ.外壁(窓を含む)の面積   :25m2
ロ.窓の面積          : 5m2
ハ.居室の温度         :25℃
ニ.外気の温度         : 5℃
ホ.外壁(窓を除く)の熱貫流率 :0.5W/(m2•K)
へ.窓の熱貫流率        :2.0W/(m2•K)

1.400W
2.450W
3.500W
4.600W
5.750W

解答 1:壁体の熱損失Qは、
Q=熱貫流率・壁体面積・(室内温度-外気温度)
で求められる。なので、
Q(全体)=Q(外壁)+Q(窓)
    ={0.5×(25-5)×(25-5)}-{2.0×5×(25-5)}
    =200+200=400(W)




〔H20 No.06〕木造住宅の断熱性・気密性に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.冬期において、繊維系の断熱材を用いた外壁の断熱層内に通気が生じると、外壁の断熱性が低下するがある。
2.二重窓の内側サッシの気密性を高めることは、外側窓における室内側の表面の結露を防止するのに効果がある。
3.計画換気を行うためには、住宅の気密性を高めることが必要である。
4.外壁内の断熱材を厚くすることによって、外壁の内部結露を防止することができる。
5.一般に、外壁の断熱性を高めると、暖房負荷・冷房負荷ともに減少する。

解答 4:外壁内の断熱材を厚くすることは表面結露には効果がある。しかしながら内部結露には効果は少ない。それよりも室内からの湿った空気が外壁内に入らないように防湿シートなどを施す方が効果的である。

〔H20 No.07〕日照・日射に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.北緯35度の地点において、冬至の日における南中時の太陽高度は、約30度である。
2.北緯35度の地点において、夏至の日における南中時の太陽高度は、約80度である。
3.窓の日射遮へい係数は、その値が大きいほど日射の遮へい効果が大きい。
4.我が国における夏期の晴天日について、面積及び仕様が同じ窓からの一日当たりの日射による熱負荷は、一般に、西鉛直面の窓より南鉛直面の窓のほうが小さい。
5.我が国において、晴天日の大気透過率は、一般に、冬期より夏期のほうが小さい。

解答 3:日射遮蔽係数は、日差しを遮る効果の指標数値であり、値が小さいほど日射熱をよく遮る。

〔H20 No.08〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.残響時間を計算するときには、一般に、室温は考慮しない。
2.日本工業規格(JIS)における床衝撃音遮断性能の等級Lrについては、その数値が小さくなるほど床衝撃音の遮断性能が高くなる。
3.板状材料と剛壁の間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、低音域の吸音よりも高音域の吸音に効果がある。
4.厚さが同じ壁体であれば、一般に、単位面積当たりの質量が大きい壁体ほど、透過損失が大きい。
5.室内騒音の許容値は、「住宅の寝室」より「音楽ホール」のほうが小さい。

解答 3:薄いベニヤ板のような材料に音があたると、材料が振動して吸音し、高音域より低音域を吸音する。

〔H20 No.09〕光と色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.明視の四条件は、明るさ、対比、大きさ、動き(時間)である。
2.輝度は、光を発散する面をある方向から見たときの明るさを示す測光量である。
3.明順応に要する時間に比べて、暗順応に要する時間のほうが長い。
4.マンセル表色系における明度は、光に対する反射率と関係があり、完全な黒を0、完全な白を10として表す。
5.マンセル表色系における彩度は、色の鮮やかさの度合いであり、色が鮮やかになるほど、数値が小さくなる。

解答 5:「彩度」はその数値が小さくなるほど無彩色に近くなり、彩度0は明度のみを持つ色となる。逆に数値が大きいほど鮮やかになる。その数値の最大値は色によって異なる。
(関連問題:平成29年1級学科2、No.08)

〔H20 No.10〕高齢者等に配慮した一戸建住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.階段や廊下において、手すりの直径を35mmとし、手すりと壁面との寸法を40mmとした。
2.サービスヤードとの動線を考慮して、ユーティリティを配置した。
3.居室において、日常使用する壁付きコンセントの取付け高さを、床面から400mmとした。
4.バルコニーの出入口において、住宅内部の床との段差が360mmであったので、高さ180mm、奥行250mm、幅500mmの踏み段を設けた。
5.車いす使用者の利用に配慮して、L字型のキッチンタイプとした。

解答 4:バルコニーの踏み段は、高さ180mm以下、奥行300mm以上、幅600mm以上が望ましい。国土交通省「高齢者が居住する住宅の設計にかかる指針




〔H20 No.11〕集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.リビングアクセス型の住宅は、一般に、各住戸の表情を積極的に表に出すことを意図して、共用廊下側に居間や食事室を配置する。
2.スケルトン・インフィル住宅においては、居住部分の間取りや内装仕上げ、設備等について、入居者の希望を反映することができる。
3.ポイントハウスは、階段、エレベーターをコアとし、その周囲に住戸を配置した塔状の集合住宅である。
4.コーポラティブハウスは、各居住者が独立した生活を確保しながら、厨房や食堂等を共用する方式の住宅であり、高齢者住宅にも適している。
5.板状住宅は、棟の長さが奥行に比べて長い形をしたものであり、二棟以上を平行に配置する場合には、隣棟間隔やプライバシーに配慮する。

解答 4:コーポラティブハウスは、自ら居住するための住宅を建設しようとするものが集まり、協力して企画・設計から居住・管理までを運営していく方式の共同住宅。設問の「各居住者が独立した生活を確保しながら、厨房や食堂等を共用する方式」はコレクティブハウスの説明。

〔H20 No.12〕商業建築の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.貸事務所ビルの基準階において、レンタブル比を75%とした。
2.喫茶店において、厨房の床面積を、喫茶店全体の床面積の15%とした。
3.量販店の基準階において、売場部分の床面積(売場内の通路を含む)をその階の床面積の50%とした。
4.劇場において、側舞台がないプロセニアムステージの舞台幅を、プロセニアムの開口幅の2倍とした。
5.シティホテルにおいて、ツインベッドルーム1室当たりの床面積を30m2とした。

解答 3:量販店の売り場の床面積は、延べ面積の60%~65%程度とすることが多い。また基準階ではさらにこの割合が大きくなる。

〔H20 No.13〕事務所ビルの計画に関する次の組合せのうち、最も関係の少ないものはどれか。

1.フリーアドレス————————–執務空間のレイアウト
2.ダブルコア——————————–二方向避難の確保
3.モデュラーコーディネーション—–柱間や窓の寸法等の決定
4.ドライエリア—————————–地下階の平面計画
5.カーテンウォール———————–オフィスのアメニティ

解答 5:カーテンウォールは取り外し可能な構造で、建物の荷重を直接負担しない非耐力壁のこと。外壁デザインの自由度は大きいが、直接オフィスのアメニティとしては関係ない。

〔H20 No.14〕診療所の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.診察室は、処置室と隣接させて配置した。
2.新生児室は、ナースステーションと隣接させるとともに、廊下からガラス越しに室内を見ることができるような計画とした。
3.病室における全般照明は、ベッドで寝ている患者に光源が直接見えないような計画とした。
4.壁に設ける案内板のサイン計画において、シンボルマークに文字を併記した。
5.X線撮影室の床材には、電導性のものを使用した。

解答 5:X線撮影室の床材は、伝導性のものを使用する必要性がない。手術室の床材は静電気の発生を防ぐために伝導性のものを使用する。

〔H20 No.15〕公共建築の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.地域図書館において、一般閲覧室と児童閲覧室を分けて配置し、貸出しカウンターを共用とした。
2.美術館において、日本画を展示する壁面の照度を、700lx程度とした。
3.保育所において、幼児用便所のブースの仕切りや扉の高さを、1.2mとした。
4.小学校において、低学年は総合教室型とし、高学年は特別教室型とした。
5.郷土資料館において、収蔵庫の近くに荷解き室を配置した。

解答 2:日本画は西洋画に比べて光に弱いので、照度を150lx~300lx程度に抑える必要がある。




〔H20 No.16〕次の各室の所要床面積のうち、最も不適当なものはどれか。

1.特別養護老人ホームの定員2人の入居者専用居室 — 18m2
2.保育所の定員20人の保育室——————————- 40m2
3.小学校の35人学級の普通教室—————————- 56m2
4.地域図書館の書架のない50人収容の一般閲覧室—–125m2
5.映画館の定員600人の客室———————————420m2

解答 1:特別養護老人ホームの居室の一人当たりの床面積は10.65m2以上とされている。(「泥んこ10.65老人ホーム」って覚えよう!)厚生労働省「特別養護老人ホームの設備及び運営に関する基準」

〔H20 No.17〕公共建築物における傾斜路の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.車いす使用者の利用に配慮し、階段に併設する屋内傾斜路の幅を、1.2mとした。
2.車いす使用者の利用に配慮し、屋外傾斜路における踊場の踏幅を、1.5mとした。
3.車いす使用者の利用に配慮し、屋外傾斜路は、その勾配を1/12とし、高さ1mごとに踊場を設けた。
4.2階建の立体駐輪場において、階段を利用しながら自転車を手押しで移動するための傾斜路の勾配を、1/5とした。
5.自走式の地下駐車場において、傾斜路の始まりと終わりを緩和勾配とし、その勾配を本勾配の1/2とした。

解答 3:屋外傾斜路の勾配は1/20以下とする。敷地内通路における傾斜路は、高さが75cmを超えるものにあっては、高さ75cmごとに、踏幅が150cm以上の踊場を設ける。建築物移動等円滑化基準

〔H20 No.18〕次の用語のうち、高齢者、障害者等に配慮した建築計画と最も関係の少ないものはどれか。

1.シャワーキャリー
2.キックプレート
3.リフター
4.スライディングボード
5.ビオトープ

解答 5:ビオトープとは、教育の一環で自然の生態系を観察する場所として学校敷地内に設けられる。

〔H20 No.19〕建築設備に関する次の用語の組合せのうち、最も関係の少ないものはどれか。

1.空気調和設備 ——— バスダクト
2.給湯設備 ————— 膨張管
3.排水設備 ————— 阻集器
4.電気設備 ————— キュービクル
5.防火設備 ————— ドレンチャー

解答 1:バスダクトとは、銅やアルミニウムの帯状導体を箱状のケースで納めるもので、電気設備。

〔H20 No.20〕空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.冷却塔の冷却効果は、主として、冷却水と空気との接触による水の蒸発潜熱により得られる。
2.空気熱源マルチパッケージ型空調機方式においては、室外機から室内機に冷水を供給して冷房を行う。
3.変風量単一ダクト方式は、定風量単一ダクト方式に比べて、部分負荷時の空気の搬送エネルギー消費量を低減することができる。
4.定風量単一ダクト方式は、ファンコイルユニット方式と定風量単一ダクト方式とを併用した場合に比べて、必要とするダクトスペースが大きくなる。
5.ファンコイルユニット方式は、ユニットごとに風量を調節することができる。

解答 2:空気熱源マルチパッケージ型空調機方式は、室外機から室内機に「冷媒」を供給して冷房を行う。




〔H20 No.21〕給水・給場設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.給水設備におけるポンプ直送方式は、受水槽を設け、給水ポンプによって、建築物内の必要な箇所に給水する方式である。
2.給水設備において、圧力タンク方式は、一般に、高置水槽方式に比べて、給水圧力の変動が大きい。
3.給水設備における高置水槽方式の高置水槽は、建築物内で最も高い位置にある水栓、器具等の必要圧力が確保できるような高さに設置する。
4.ガス瞬間湯沸器の元止め式は、湯沸器に給揚配管を接続し、複数の箇所に給湯できる方式である。
5.給湯循環ポンプは、配管内の湯の温度低下を防ぐために、湯を強制的に循環させるものである。

解答 4:ガス瞬間湯沸器の元止め式は、先止め式と違い、複数の箇所に設置はできない。

〔H20 No.22〕 排水設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.中高層の建築物の場合、一般に、1階の衛生器具からの排水管は、単独に屋外の排水ますに接続する。
2.通気管の末端は、窓等の開口部付近に設ける場合、当該開口部の上端から60cm以上立ち上げるか、又は当該開口部から水平に3m以上離す。
3.通気管は、排水管内の圧力変動を緩和するために設ける。
4.飲料用受水槽のオーバーフロー管は、一般排水系統の配管に直接接続する。
5.通気管の横管は、一般に、その階の最も高い位置にある衛生器具の緑から15cm以上上方で横走りさせる。

解答 4:受水槽のオーバーフロー管や水抜き管は、水槽内への逆流防止、ガス・臭気・衛生害虫などの侵入を防ぐためにいったん空気中へ開放する「間接排水方式」をとる。

(関連問題:平成29年1級学科2、No.15平成24年1級学科2、No.14令和元年2級学科1、No.21平成30年2級学科1、No.22平成22年2級学科1、No.22平成20年2級学科1、No.22)

〔H20 No.23〕電気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.電力の供給において、負荷容量、電線の太さ・長さが同一であれば、配電電圧を低くするほうが、配電線路における電力損失が少なくなる。
2.進相用コンデンサは、電動機等の力率を改善する目的のため、電動機回路に接続される。
3.OAフロア配線方式は、床の一部を取り外して配線できるので、端末機器等のレイアウトの変更が容易である。
4.同一の電線管内に収める電線本数が多くなると、それぞれの電線の許容電流は小さくなる。
5.低圧屋内配線工事に使用する金属管は、「コンクリート内への埋設」及び「露出又は隠ぺいした湿気の多い場所等への施設」が可能である。

解答 1:負荷容量、電線の太さ・長さが同一であれば、配電電圧を高くするほど、配電線路の電力損失を少なくすることができる。

〔H20 No.24〕防災・消防設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.誘導灯には、避難口誘導灯通路誘導灯客席誘導灯の三区分がある。
2.泡消火設備は、泡により燃焼面を覆うことで空気の供給を絶つとともに、冷却効果により消火を行い、油火災に対して有効な消火設備である。
3.自動火災報知設備の定温式感知器は、周囲の温度が一定の温度以上になったときに作動する。
4.屋内消火栓設備は、火災を自動的に感知し、放水して消火する設備である。
5.避雷設備は、高さ20mを超える建築物において、その高さ20mを超える部分を雷撃から保護するように設ける。

解答 4:屋内消火栓設備は、消防隊が到着するまでの間の初期消火活動のための設備で、館内のいる人が手動で消火する設備である。

〔H20 No.25〕環境に配慮した建築設備計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.窓の断熱性能を高めて、PAL(年間熱負荷係数)の値を小さくした。
2.洗面器の給湯栓には、自動式のものを用いた。
3.COP(成績係数)が小さいルームエアコンを採用した。
4.外気負荷を低減するために、全熱交換型の換気設備を用いた。
5.電気室は、負荷までの経路が短くなるように配置した。

解答 3:空調設備で性能を評価する成績係数は大きいほど性能・効率が高い。

2級建築士の学科対策

・イラストでわかる二級建築士用語集

・2級建築士 学科試験 要点チェック

・二級建築士 はじめの一歩 学科対策テキスト

平成20年度2級建築士問題

学科Ⅰ-計画

学科Ⅱ-法規

学科Ⅲ-構造

学科Ⅳ-施工

その他の年代の過去問はこちら

平成20年度2級建築士問題集   →平成21年度2級建築士問題集

平成22年度2級建築士問題集   →平成23年度2級建築士問題集

平成24年度2級建築士問題集   →平成25年度2級建築士問題集

平成26年度2級建築士問題集   →平成27年度2級建築士問題集

平成28年度2級建築士問題集   →平成29年度2級建築士問題集

平成30年度2級建築士問題集    →令和元年度2級建築士問題集

投稿日:2018年12月17日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い