令和元年度2級建築士-学科Ⅰ計画

建築士過去問解説

令和元年度 学科Ⅰ-計画
25問掲載

二級建築士学科試験
2022年7月03日(日)

令和04年度試験日まであと 日!




〔R01 No.01〕日本の歴史的な建築物に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.清水寺(京都府) は、急な崖に建っている本堂の前面の舞台を、長いつか柱で支えるかけ造りの建築物である。
2.円覚寺舎利殿(神奈川県)は、部材が細い、組物が精密に細工されている、屋根の反りが強い等の禅宗様(唐様)の特徴をもった建築物である。
3.鹿苑寺舎利殿(京都)は、最上層を禅宗様仏堂風の形式とし、二層を和様仏堂風、一層を住宅風とした建築物である。
4.中尊寺金色堂(岩手県)は、外観が総漆塗りの金ぱく押しで仕上げられた方三間の仏堂である。
5.薬師寺東塔(奈良県)は、各重に裳階もこしが付いた本瓦葺きの五重塔である。

解答 5:薬師寺東塔は、和洋の建築様式で、本瓦葺き三重の塔。各階に裳階が設置されて六重に見える。
関連問題:平成22年2級学科1、No.01平成26年2級学科1、No.01平成28年2級学科1、No.02)

〔R01 No.02〕西洋建築史における建築物A~Eについて、建造された年代の古いものから新しいものへと並べた順序として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、( )内は、建築様式、所在地を示す。

A. ノートルダム大聖堂(ゴシック建築・パリ)
B. 大英博物館(ネオクラシシスム建築・ロンドン)
C. サン・ピエトロ大聖堂(バロック建築・バチカン)
D. フィレンツェ大聖堂(ルネサンス建築・フィレンツェ)
E. ハギア・ソフィア(ビザンチン建築・イスタンブール)

1. A → E → C → D → B
2.E → A → D → C → B
3.C → E → D → B → A
4.E → C → D → A → B
5.D → E → C → B → A

解答 2:近代までの西洋建築史の流れは以下の通り。
・古代エジプト建築(B.C.3000年~1000年)・オリエント建築(B.C.3500年)
・古代ギリシャ建築(B.C.1100年~146年)
・古代ローマ建築(B.C146~A.D.395年)
・初期キリスト教建築(4世紀〜)
・ビザンチン建築(6世紀~)・イスラム建築(7世紀~)ー(E)
・ロマネスク建築(11世紀~)
・ゴシック建築(12世紀~)ー(A)
・ルネサンス建築(15世紀~)ー(D)
・バロック建築(16世紀~)ー(C)
・ロココ建築(18世紀~)
・ネオクラシシズム(18世紀~)ー(B)

〔R01 No.03〕建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ体積の場合、容積比熱が大きい材料は、容積比熱が小さい材料に比べて、温めるのに多くの熱量を必要とする。
2.照度は、受照面における単位面積当たりに入射する光束である。
3.NC値は、室内騒音を評価する指標の一つである。
4.クロ(clo)値は、衣服の断熱性を表す指標であり、人の温冷感に影響する要素の一つである。
5.蛍光ランプなどの照明器具から発生する熱は、潜熱である。

解答 5:「潜熱」は物質が相変化する時(例えば氷から水に変わるとき)に出入りする目に見えない熱量のことで、照明器具から発せられる熱は「顕熱」である。

〔R01 No.04〕換気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.居室の必要換気量は、一般に、居室内の二酸化炭素濃度の許容値を基準にして算出する。
2.開放型燃焼器具に対する必要換気量は、一般に、燃焼消費量に対する理論廃ガス量の40倍である。
3.2階建ての住宅において、屋内の温度よりも外気温が低い場合、下階には外気が入ってくる力が生じ、上階には屋内の空気が出ていく力が生じる。
4.第2種機械換気方式は、室内を負圧に維持することにより、周辺諸室への汚染空気の流出を防ぐものである。
5.居室内の一酸化炭素濃度の許容値は、一般に、0.001%(10ppm)である。

解答 4:第2種機械換気方式は、機械で給気し、自然換気で排気するため、室内は正圧になり、室内への汚染空気の流入を防ぐ。

〔R01 No.05〕伝熱に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.木材の熱伝導率は、一般に、グラスウールの3〜4倍程度である。
2.中空層において、内部が真空であっても、放射によって熱移動が生じる。
3.窓付近に生じるコールドドラフトは、室内空気が窓のガラス面で冷やされることによって重くなり、床面に向けて降下する現象である。
4.白色ペイント塗りの壁においては、短波長放射である可視光線の反射率は低く、長波長放射である赤外線の反射率は高い。
5.壁体の屋外側表面の熱伝達抵抗は、一般に、室内側表面の熱伝達抵抗に比べて小さい。

解答 4:「白色ペイント」は、可視光線などの短波長放射の反射率は高いが、赤外線などの長波長放射の反射率は低い。
(関連問題:平成26年2級学科1、No.05)




〔R01 No.06〕湿り空気に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.絶対湿度が同じであれば、空気を加熱しても、露点温度は変化しない。
2.絶対湿度が同じであれば、空気を冷却すると、相対湿度は高くなる。
3.乾球温度が同じであれば、乾球温度と湿球温度との差が小さいほど相対湿度は低くなる。
4.乾球温度が同じであれば、相対湿度が高くなると、絶対湿度も高くなる
5.ある空気を露点温度以下に冷却した後、元の温度に加熱すると、相対湿度は低くなる。

解答 3:乾球温度が同じであれば、乾球温度と湿球温度の差が大きいほど相対湿度は低くなる。
(関連問題:平成27年2級学科1、No.06平成23年2級学科1、No.04平成21年2級学科1、No.03)

〔R01 No.07〕日照・日射に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.日射遮蔽係数が小さい窓ほど、日射の遮蔽効果が大きい。
2.北緯35度の地点において、快晴時の夏至の日の1日間の直達日射量は、東向き鉛直面より南向き鉛直面のほうが大きい。
3.北緯35度の地点において、開口部に水平なひさしを設置する場合、夏期における日射の遮蔽効果は、西面より南面の方が大きい。
4.日照率は、可照時間に対する日照時間の割合である。
5.昼光率は、全天空照度に対する、室内におけるある・・点の昼光による照度の割合である。

解答 2:下の図より、夏至の日における直達日射量は水平面が最も高く、次に東西面、南面になる。

(関連問題:平成25年1級学科2、No.06平成22年1級学科1、No.06令和元年2級学科1、No.07平成26年2級学科1、No.07平成21年2級学科1、No.07)

〔R01 No.08〕色彩に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.マンセル表色系における明度は、物体表面の反射率の高低を表しており、明度5の反射率は約50%である。
2.床や壁などの色彩計画において、一般に、小さいカラーサンプルよりも実際に施工された大きな面のほうが、明度彩度ともに高く見える。
3.マンセル表色系においては、有彩色を5R4/14のように表現し、5Rが色相、4が明度、14が彩度を示している。
4.各色相のうちで最も彩度の高い色を、一般に、純色といい、純色の彩度色相明度によって異なる。
5.光の色の三原色は、赤、緑、青であり、物体表面の色の三原色は、シアン、マゼンタ、イエローである。

解答 1:マンセル表色系において、反射率(Y)と明度(V)の関係は、
Y(%)=V×(V-1)
設問のあるように、V=5の場合、反射率(Y)=5×(5-1)=20(%)となる。

〔R01 No.09〕音に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.同じ音圧レベルの音であっても、3,000~4,000Hz程度の音が最も大きく聞こえる。
2.残響時間は、室容積に比例し、室内の総吸音力に反比例する。
3.人間の知覚可能な音の周波数の範囲は、一般に、20~20,000Hzである。
4.壁体における遮音性能は、音響透過損失の値が大きいほど優れている。
5.板状材料と剛壁との間に空気層を設けた吸音構造は、一般に、低音域の吸音よりも高音域の吸音に効果がある。

解答 5:板状材料が振動して吸音するが、高音域より低音域を吸音する。剛壁との間の空気層が厚いほど低音の吸音効果は大きい。
関連問題:令和元年2級No.09平成28年2級No.09平成25年2級No.09平成24年2級No.09平成22年2級No.08

〔R01 No.10〕建築物の環境負荷に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能について、建築物における環境品質と省エネルギー性能の二つの指標により評価するものである。
2.大気中の二酸化炭素濃度の上昇は、ヒートアイランド現象の直接的な原因とはならない。
3.暖房デグリーデーは、ある地域の統計上の日平均外気温と暖房設定温度との差を暖房期間で積算したものであり、暖房エネルギー消費量の予測に使われる。
4.ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、断熱性能の向上や高効率設備・再生可能エネルギーの導入により、年間の一次エネルギー消費量の収支を0(ゼロ)とすることを目指した住宅である。
5.建築物におけるLCA(ライフサイクルアセスメント)は、建設から運用、解体に至る一連の過程で及ぼす様々な環境負荷を分析・評価することをいう。

解答 1:CASBEEは、建築物の環境性能を建築物における環境品質(Q)を環境負荷(L)で除して算出する。




〔R01 No.11〕高齢者等や身体障がい者等に配慮した一戸建て住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.車椅子使用者が利用する洗面器の上端の高さは、洗顔を考慮して、床面から750mmとした。
2.浴室の出入口において、脱衣室との段差の解消と水仕舞を考慮して、グレーチングを用いた排水溝を設けた。
3.車椅子使用者が利用するキッチンカウンターの下部には、高さ400mm、奥行450mmのクリアランスを設けた。
4.階段の昇り口の側壁に設ける足元灯の高さは、昇り口の1段目の踏面から上方に300mmとした。
5.車椅子使用者が利用する駐車場において、駐車スペースの幅は、乗降を考慮して、3.5mとした。

解答 3:カウンター下部に設ける車椅子使用者用のクリアランスは、高さ60cm、奥行き45cm程度とする。

〔R01 No.12〕集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.住戸の通風・採光やプライバシーを確保するために、共用廊下を住棟から離して設けるフライングコリドーとした。
2.住戸内の居室は、将来的な家族構成の変化に対応するために、可動家具を用いて室の大きさを変更できるようにした。
3.居住部分の内装仕上げや設備等を、入居者の希望に応じて、容易に改修・更新することができるスケルトン・インフィル住宅とした。
4.専用面積が小さい住戸で構成する集合住宅はメゾネット型とし、専用面積が大きい住戸で構成する集合住宅は階段室型とした。
5.住戸の自由な間取りを実現するために、住宅入居希望者が組合を作り、住宅の企画・設計から入居・管理までを運営していくコーポラティブハウスとした。

解答 4:「メゾネット型」は、各住戸が1層以上で構成された住戸形式で、一般に、専用面積の小さな住戸には適さない。また逆に「階段室型」は、専用面積が小さい住戸で採用される。

〔R01 No.13〕事務所ビル、商業建築の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.コアプランの計画において、事務室の自由の執務空間を確保するため、コアを事務所から独立させた分離コア型とした。
2.事務室において、在席率が50~60%と想定されたので、個人専用の座席を設けず、在籍者が座席を共用し、スペースを効率的に利用するために、オフィスランドスケープ方式で計画した。
3.地下階に設ける自走式駐車場において、一般的な自動車の車高を考慮して、駐車スペースの梁下の高さが2.3mになるように計画した。
4.バーにおいて、カウンター内の床の高さは、客席の床の高さに比べて低くなるように計画した。
5.喫茶店において、厨房の床面積延べ面積の15%で計画した。

解答 2:「オフィスランドスケープ方式」は、固定間仕切を使わず、ローパーティション・家具・植物等を自由に配置する計画である。設問の「個人専用の座席を設けず、在籍者が座席を共用」する方式は「フリーアドレスオフィス」方式である。

〔R01 No.14〕教育施設等の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.地域図書館において、新聞や雑誌などを気軽に読む空間として、レファレンスルームを設けた。
2.地域図書館の分館において、一般閲覧室と児童閲覧室とは分けて配置し、貸出しカウンターは共用とした。
3.中学校の教室において、「黒板や掲示板」と「その周辺の壁」との明度対比が大きくなり過ぎないように、色彩調整を行った。
4.幼稚園の保育室において、1人当たりの床面積は、5歳児学級用より3歳児学級用のほうを広くした。
5.保育所の幼児用便所は、見守りや指導をしやすくするため、保育室の近くに設けた。

解答 1:設問は「ブラウジングルーム」の記述である。「レファレンスルーム」は図書館において来館者の相談や、調査を受け、本や資料等を探す手伝いをする場所である。

〔R01 No.15〕文化施設の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.美術館において、参加型企画に使用する学習体験室や講義室は、一般に、利用者がエントランスホールから展示室を通過せずに移動できる計画とする。
2.美術館の展示室は、一般に、来館者の逆戻りや交差が生じないように、一筆書きの動線計画とする。
3.劇場の舞台において、下手しもてとは客席側から見て右側をいう。
4.劇場において、オープンステージ形式は、舞台と観客席が仕切られていないことから、演者と観客の一体感が生まれやすい。
5.博物館において、低湿収蔵庫や高湿収蔵庫を設ける場合は、ならし室を近接させ、収蔵物を仮収納できる計画とする。

解答 3:上手は舞台の左側(客席から見て右側)、下手は舞台の右側(客席から見て左側)である。
(関連問題:平成22年2級学科1、No.17)




〔R01 No.16〕屋根伏図A〜Eとその屋根の名称との組み合わせとして、最もものは、次のうちどれか。ただし、図中の矢印は屋根の流れ方向を示す。

解答 2

〔R01 No.17〕車椅子使用者に配慮した建築物の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.水飲み器は、操作部が手動式のものを採用した。
2.コンセントの中心高さは、抜き差しを考慮して、床面から250mmとした。
3.引き戸には、引手とドア枠の間に手が挟まれないように、引き残しを設けた。
4.建具枠には、車椅子のフットレストや車輪との接触によって傷がつくのを防ぐために、床面からの高さ350mm程度まで金属板のカバーを設けた。
5.高低差170mmの屋内傾斜路は、勾配を1/12とした。

解答 2:高齢者や車椅子使用者の便を考慮して、コンセントの中心高さは床面から約40cm程度とする。
(関連問題:平成30年1級学科1、No.12平成22年1級学科1、No.08平成30年2級学科1、No.17平成24年2級学科1、No.16)

〔R01 No.18〕建築生産に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.カーテンウォールは、建築物の外周に設けられた、荷重を支持しない壁のことである。
2.枠組壁工法(ツーバイフォー工法)は、北米において発展した木造建築の工法で、主に断面が2インチ×4インチの部材により、構成される工法である。
3.プレカット方式は、従来、大工が行っていた木材の継手・仕口等の加工を、工場の機械によって行う方式である。
4.ボックスユニット構法は、建築物の一部又は全体を、空間を内包する大型の部品としてあらかじめ組み立てておく構法である。
5.モデューラーコーディネーションは、在来軸組工法において耐震性を向上させるために、壁をバランスよく配置することである。

解答 5:「モデューラーコーディネーション」とは、建築部材、家具、設備の基本寸法(モデュール)を割り決めることにより、部材の互換性が高まり、量産性の向上が期待される。
(関連問題:平成27年1級学科1、No.07平成24年1級学科1、No.04平成23年1級学科1、No.04平成28年2級学科1、No.18平成25年2級学科1、No.13平成20年2級学科1、No.13)

〔R01 No.19〕建築設備に関する次の用語の組み合わせのうち、最も関係の少ないものはどれか。

1.昇降機設備———–頂部すき間
2.消火設備————-窒息効果
3.避雷設備————-回転球体法
4.排水設備————-成績係数
5.ガス設備————-BF方式

解答 4:「成績係数(COP)」は、冷房機器のエネルギー消費効率の目安として使われる係数のことである。

〔R01 No.20〕空気調和設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.暖房時において、ガスエンジンヒートポンプは、ヒートポンプ運転により得られる加熱量とエンジンの排熱量とを合わせて利用できる。
2.変風量単一ダクト方式は、低負荷時においては、必要換気量の確保と空気清浄度の維持が困難な場合がある。
3.密閉回路の冷温水配管係には、一般に、膨張タンクは不要である。 
4.ファンコイルユニットと定風量単一ダクトとを併用した方式は、定風量単一ダクト方式に比べて、必要とするダクトスペースを小さくすることができる。
5.空気熱源ヒートポンプ方式のルームエアコンの暖房能力は、一般に、外気の温度が低くなるほど低下する。

解答 3:「密閉回路」では、一般に、配管内の水が高温になって膨張することによる急激な圧力上昇を防止するために「膨張タンク」を設置する。
(関連問題:平成26年2級学科1、No.20)




〔R01 No.21〕給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.給水設備において、水道直結直圧方式は、水道直結増圧方式に比べて、維持管理がしやすい。
2.飲料水用の受水槽の水抜き管は、一般排水系統の配管等へ、排水口空間を介した間接排水とする。
3.ロータンク方式の大便器は、洗浄弁方式の大便器に比べて、給水管径を小さくすることができる。
4.バキュームブレーカは、逆サイホン作用により汚水が逆流することを防止するために、排水管に設けられる。
5.自然流下式の排水立て管の管径は、どの階においても、最下部の最も大きな排水負荷を負担する部分の管径と同一にする必要がある。

解答 4:逆サイホン作用とは、上水の給水管に上水以外の水・液その他の物質が流入する現象。それを防止するため「バキュームブレーカー」を、大便器洗浄弁やホース接続する散水栓などの上水側に設ける。

〔R01 No.22〕給排水衛生設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.飲料水用の受水槽に設ける保守点検のためのマンホールは、有効内径60cm以上とする。
2.飲料水用の高置水槽から配管した給水管には、屋内消火栓の消火管を直接接続してはならない。
3.ガス瞬間式給湯器の20号は、1分間で20lの水を20℃上昇させる能力を有することを示している。
4.給水設備におけるポンプ直送方式は、水の使用状況に応じて給水ポンプの運転台数や回転数の制御を行って給水する。
5.重力式の排水横主管や排水横技管などの排水横走管には、管径に応じて1/50〜1/200の勾配が必要である。

解答 3: ガス瞬間式給湯器の給湯能力は「号数」で表される。「号数」とは、水温+25℃のお湯が、1分間に出る量(L)のこと。例えば1分間に1Lのお湯を出せれば1号、1分間に20Lのお湯が出せれば、20号となる。設問の「20℃」は正しくは「25℃」である。
(関連問題:平成30年1級学科2、No.15平成26年1級学科2、No.14、平成19年1級学科1、平成14年1級学科1)

〔R01 No.23〕電気設備に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.接地工事の種類は、接地工事の施設方法、接地抵抗値及び接地線の太さに応じて、A種、B種、C種の3種類である。
2.建築物の受電電圧は、電気事業者から電気の供給を受ける場合、一般に、契約電力により決定される。
3.受変電設備における進相コンデンサは、主に、力率の改善を目的として使用される。
4.中小規模の事務所ビルにおいて、電灯・コンセント用幹線の電気方式には、一般に、単相3線式100V/200Vが用いられる。
5.分電盤の二次側配線距離が長くなると、電圧降下のため配線サイズを太くする必要があるので、分電盤は、電力負荷の中心に配置することが望ましい。

解答 1:接地工事の種類は4種で、A種、B種、C種、D種がある。

〔R01 No.24〕照明計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.点光源による直接照度は、光源からの距離の2乗に反比例する。
2.照明器具の初期照度補正制御を行うことは、明るさを一定に保つ効果はあるが、省エネルギー効果は低い。
3.照明率は、器具の配光や内装材の反射率が同じ場合、室指数が大きいほど高くなる。
4.昼光利用制御は、室内に入る自然光を利用して、照明器具の調光を行うものである。
5.給湯室に人感センサーと連動させた照明器具を採用することは、省エネルギー効果が期待できる。

解答 2:ランプや照明器具は、使用時間が増えるに従いランプ光束が低下していく。そこで設計の段階でランプ寿命末期でも適正照度が確保できるよう、初期段階では非常に高い照度を設定する。初期照度補正制御をすることで、この初期段階の過剰な明るさを、あかりセンサーによる調光で適正な明るさに自動補正することができ、省エネが期待される。
(関連問題:平成23年1級学科2、No.16)

〔R01 No.25〕環境に配慮した建築設備計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.電気設備において、配電線路における電力損失を低減するために、配電電圧を高めた。
2.受変電設備において、変換効率を高めるために、トップランナー仕様の変圧器を使用した。
3.空調負荷を低減するために、地中熱を利用したクールチューブを採用した。
4.外気負荷を低減するために、全熱交換型の換気設備を採用した。
5.居室の南側に付室を設け、そこで集めた熱を室内に循環する方式であるソーラーチムニー方式を採用した。

解答 5:「ソーラーチムニー方式」は、太陽光による温度上昇と通風を利用した建物の自然換気システム。空気がこもりやすい場所に風力を利用する開口をもった排気筒(チムニー)を建物の上に建てて排気を行う。

2級建築士の学科対策

・イラストでわかる二級建築士用語集

・2級建築士 学科試験 要点チェック

・二級建築士 はじめの一歩 学科対策テキスト




令和元年度二級建築士問題

学科Ⅰ-計画

学科Ⅱ-法規

学科Ⅲ-構造

学科Ⅳ-施工

その他の年度の過去問はこちらから

平成20年度2級建築士問題集   →平成21年度2級建築士問題集

平成22年度2級建築士問題集   →平成23年度2級建築士問題集

平成24年度2級建築士問題集   →平成25年度2級建築士問題集

平成26年度2級建築士問題集   →平成27年度2級建築士問題集

平成28年度2級建築士問題集   →平成29年度2級建築士問題集

平成30年度2級建築士問題集    →令和元年度2級建築士問題集

 

投稿日:2019年7月7日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い