令和元年度1級建築士問題

令和元年度1級建築士試験

令和元年度の試験内容は例年よりも優しく、合格率も高くなった年度だといえます。

また過去に出題されたことのない問題が、全体の20%程度でした。過問題を確実に解いていた受験生は、問題全体の80%、つまり100点を取れていたことになるので、やはり過去問題の反復が重要となります。

※当サイトに関する質問や、当サイトで閲覧した試験問題に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

 

合格基準点

各学科の合格基準点は以下の通り

学科1:計画
学科2:環境・設備
学科3:法規
学科4:構造
学科5:施工
11
11
16
16
13

令和元年度の学科試験に関するデータは以下の通り。
受験者数:25,132 人
合格者数: 5,729 人
合格率: 22.8 %

令和元年度1級建築士問題

学科Ⅰ-計画
学科Ⅱ-環境・設備
学科Ⅲ-法規
学科Ⅳ-構造
学科Ⅴ-施工

その他の年代の過去問はこちら

平成20年度1級建築士問題集
平成21年度1級建築士問題集
平成22年度1級建築士問題集
平成23年度1級建築士問題集
平成24年度1級建築士問題集
平成25年度1級建築士問題集
平成26年度1級建築士問題集
平成27年度1級建築士問題集
平成28年度1級建築士問題集
平成29年度1級建築士問題集
平成30年度1級建築士問題集
令和元年度1級建築士問題集

 

 

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。

投稿日:2019年7月29日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す人へ無料で公開しております。過去問の閲覧にはパスワードが必要なので、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは広告益のみの運営で、完全無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイス(→こちら)をお願いいたします。