二級施工(仮設工事)

建築士過去問解説

二級建築士試験分野別まとめ
施工
仮設工事

二級建築士学科試験
2021年7月04日(日)

令和03年度試験日まであと 日!

このWEBサイトは建築士試験に限定した資料集です
(公益財団法人よりWEB上での公開認定取得済)

二級建築士試験の過去問13年分を
分野別にまとめました

(平成20年度から令和02年度まで)

二級建築士
施工
仮設工事

〔R02 No.5〕仮設工事の枠組足場に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.水平材を、最上層及び5層以内ごとに設けた。
2.墜落防止設備として、構面には、交差筋かい及び作業床からの高さ30cmの位置に下桟を設けた。
3.墜落防止設備として、妻面には、作業床からの高さ90cmの位置に手すりと高さ40cmの位置に中桟を設けた。
4.作業床については、床材間の間が3cm以下となるようにした。
5.壁つなぎの間隔を、垂直方向8m、水平方向9mとした。

解答 5:単管足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向5m以下、水平方向5.5m以下とする。枠組足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向9m以下、水平方向8m以下とする。(労働安全衛生規則570条5項イ表)

〔R01 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.市街地における鉄骨造2階建ての建築物の新築工事において、仮囲いは、高さ3.0mの鋼製板を用いた。
2.単管足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向5.5m、水平方向5mとした。
3.工事用シートの取付けにおいて、足場に水平材を垂直方向5.5m以下ごとに設け、隙間やがないように緊結材を使用して足場に緊結した。
4.木造2階建ての住宅の新築工事において、必要な足場の高さが7mであったので、ブラケット一側足場を用いた。
5.200Vの配電線の付近で移動式クレーンを使用するので、配電線からの離隔距離(安全距離)を2.0mとした。

解答 2:単管足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向5m以下、水平方向5.5m以下とする。また、枠組足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向9m以下、水平方向8m以下とする。(労働安全衛生規則)
(関連問題:平成30年1級学科5、No.05平成24年1級学科5、No.05平成23年1級学科5、No.05、平成17年1級学科4、平成16年1級学科4、平成14年1級学科4、平成11年1級学科4、平成09年1級学科4)

〔H30 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.単管足場の建地の間隔を、桁行方向1.8 m、はり間方向1.5 mとした。
2.高さが12 mの枠組足場における壁つなぎの間隔を、垂直方向8 m、水平方向9 mとした。
3.高さが12 mのくさび緊結式足場における壁つなぎの間隔を、垂直方向、水平方向ともに5 mとした。
4.高さが9 mの登り桟橋において、高さ4.5 mの位置に踊り場を設置した。
5.架設通路を設けるに当たって、勾配が30 度を超えるので、階段を設置した。

解答 2:(高さ5m未満を除く)枠組足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向9m以下、水平8m以下とする。(労働安全衛生規則)

 

 

〔H29 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.鉄骨造2階建ての建築物の工事において、高さ1.8mの仮囲いを設けた。
2.工事用シートの取付けにおいて、足場に水平材を垂直方向5.5m以下ごとに設け、隙間やがないように緊結材を使用して足場に緊結した。
3.高さ18mのくさび緊結式足場の組立てにおいて、建枠・建地の間隔を、桁行方向1.8m、梁間方向1.5mとした。
4.架設通路の階段の踊り場において、墜落の危険のある箇所には、高さ80cmの手すりを設け、高さ40cmの中桟を取り付けた。
5.ベンチマークは、相互にチェックできるように2箇所設置し、移動しないようにそれらの周囲に養生を行った。

解答 4:架設通路の階段の踊り場には、「作業床」と労働者の墜落防止のための「中桟」を設置する。手すりは作業床からの85cm以上とし、中桟は高さ35cm以上、50cm以下に設置する。(労働安全衛生規則)

〔H28 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.事前に工事監理者の承認を得て、施工中の建築物のうち、施工済の一部を現場事務所として使用した。
2.ベンチマークを2箇所設けて、相互にチェックが行えるようにした。
3.屋内の作業通路において、通路面より高さ1.8m以内には障害物がないようにした。
4.高さ10mの住宅の工事用足場として、ブラケット一側足場を用いた。
5.200Vの配電線の付近で移動式クレーンを使用するので、配電線からの離隔距離(安全距離)を0.5mとした。

解答 5:クレーンの旋回範囲内に200V以下の配電線がある場合、直接電線に触れなくても空気中を放電して危険である。なのでこの付近で移動式クレーンを使用する場合、配電線からの離隔距離(安全距離)を1.0m以上となければならない。(建築工事監理指針)

〔H27 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さが9mの登り桟橋において、高さ 4.5mの位置に踊り場を設置した。
2.高さ 2.8mの位置にある単管足場の作業床において、墜落の危険を及ぼすのある箇所には、作業床からの手すりの高さを 95cmとし、中桟を設けた。
3.高さが 12mのくさび緊結式足場における壁つなぎの間隔を、垂直方向、水平方向ともに6mとした。
4.監理者の承諾を得て、施工中の建築物のうち、施工済の一部を現場事務所として使用した。
5.単管足場の作業床において、作業に伴う物体の落下防止のために、両側に高さが15cmの幅木を設けた。

解答 3:支柱の高さが31m以下にくさび緊結式足場を設置するが、壁つなぎの間隔を、垂直方向5.0m以下、水平方向5.5m以下の間隔で設ける。

 

 

〔H26 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.単管足場において、高さ2mの位置に設ける作業床の幅を、40cmとした。
2.架設通路を設けるに当たって、勾配が30度を超えていたので、階段とした。
3.単管足場の建地の間隔を、桁行方向1.5m、はり間方向1.8mとした。
4.ベンチマークは、木杭を用いて移動しないように設置し、その周囲に養生を行った。
5.鉄筋コンクリート造2階建の建築物の新築工事に当たって、工事現場の周囲には、危害防止のために、地盤面からの高さ1.8mの仮囲いを設けた。

解答 3:単管足場の建地の間隔は、けた行方向1.85m以下、はり間方向1.5m以下としなければならない。(労働安全衛生規則)

〔H25 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.ブラケット一側足場において、建地の間隔を1.8mとし、建地間の最大積載荷重を150kgとした。
2.はしご道のの上端を、床から60cm突出させた。
3.工事の進捗に伴い、監理者の承諾を得て、施工中の建築物のうち、施工済の一部を現場事務所として使用した。
4.単管足場の組立てにおいて、建地の脚部に用いたベース金具を、地盤上に直接設置した。
5.高さ9mの登り桟橋において、4.5mの高さに踊り場を設置した。

解答 4:鋼管足場の組み立てにおいて、足場の脚部には足場の滑動と沈下を防ぐため、ベース金具の下に敷板を設置する。(労働安全衛生規則)

〔H24 No.5〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さが2.5mの登り桟橋は、滑止めのための踏桟を設けたので、勾配を35度とした。
2.単管足場の建地の間隔は、桁行方向1.8m、はり間方向1.5mとし、建地間の最大積載荷重は、400kgとした。
3.高さが2.8mの位置にある単管足場の作業床において、墜落の危険を及ぼすおそれのある箇所には、作業床からの手摺の高さを95 cmとし、中核を設けた。
4.鉄骨造2階建の建築物の新築工事において、既存の高さ1.8mの板塀を、工事用の仮囲いとして利用した。
5.高さが12mの枠組足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向を9m、水平方向を8mとした。

解答 1:登り桟橋の勾配は、30度以下とする。その例外として①2m以下で、②丈夫な手掛を設けたものは30度を超えることができる。なお、勾配が15度を超えるものは、踏み桟その他の滑り止めを設ける必要がある。(労働安全衛生規則)

 

 

〔H23 No.4〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.枠組足場は、足場の組立・解体作業中の墜落防止のために、手すりを先行工法とした。
2.高さが2mの位置にある足場の作業床については、幅を50cmとし、かつ、床材間の隙間がないようにした。
3.高さが2.8mの位置にある足場の作業床において、労働者の墜落防止のために、作業床からの手すりの高さを75cmとし、中桟を設けた。
4.単管足場の作業床において、作業に伴う物体の落下防止のために、両側に高さ15cmの幅木を設けた。
5.足場板については、長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを30cmとした。

解答 3:高さが2.0m以上の位置にある足場の作業所には、「作業床」と労働者の墜落防止のための「中桟」を設置する。手すりは作業床からの85cm以上とし、中桟は高さ35cm以上、50cm以下に設置する。(労働安全衛生規則)

〔H22 No.4〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.枠組足場において、墜落防止のために、交差筋かい及び高さ30cmの下さんを設けた。
2.単管足場における作業床には、作業に伴う物体の落下防止のために、両側に高さ10cmの幅木を設けた。
3.高さ12mの枠組足場における壁つなぎの間隔については、垂直方向を8mとし、水平方向を9mとした。
4.工事の進捗に伴い、施工中の建築物の一部を仮設の現場事務所として使用するために、監理者の承認を受けた。
5.軒の高さが9mを超える3階建の木造住宅の工事現場の周囲には、危害防止のために、地盤面からの高さ1.8mの仮囲いを設けた。

解答 3:(高さ5m未満を除く)枠組足場の壁つなぎの間隔は、垂直方向9m以下、水平8m以下とする。(労働安全衛生規則)

〔H21 No.4〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.高さ2.8mの位置にある作業床において、墜落の危険を及ぼすのある箇所には、作業床からの手すりの高さを95cmとし、中さんを設けた。
2.足場板については、長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを30cmとした。
3.はしご道のの上端を、床から60cm突出させた。
4.単管足場の地上第一の布を、地面から高さ2.5mの位置に設けた。
5.架設通路を設けるに当たって、勾配が30度を超える箇所には、階段を設けた。

解答 4:単管足場の地上第一の布は、地面から高さ2.0m以下の位置に設ける。(労働安全衛生規則)

〔H20 No.4〕仮設工事に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。

1.軒の高さが9mを超える3階建の木造住宅の工事現場の周囲には、危害防止のために、地盤面からの高さ1.8mの仮囲いを設けた。
2.枠組足場は、足場の組立・解体中の転落事故防止のために、手すり先行工法とした。
3.単管足場における壁つなぎの間隔は、垂直方向5m、水平方向5.5mとした。
4.くさび緊結式ひとかわ足場については、建地の間隔を1.8mとし、建地間の最大積載荷重を400kgと表示した。
5.足場板については、長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを25cmとした。

解答 4:くさび緊結式足場の設置については、建地の間隔を1.85以下、地上第一の布の高さ2.0m以下、壁つなぎの間隔を、垂直方向3.6m以下、水平方向5.5m以下の間隔、建地間の積載荷重は200以下で設ける。(建築工事監理指針)

 

 

お問い合わせ

※当サイトに関する質問や、当サイトで閲覧した試験問題に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。当サイトは公益財団法人建築技術教育普及センターより正式に許諾を得て掲載しております。そのためご利用者様には厳正なご利用をお願しており、当サイトに関する一切のお問い合わせはサイト運営責任者までお願いします(掲載許諾条件(6))。センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

おすすめ参考書

過去問題を解くのがやはり合格への近道です

このサイトだけでも学習は可能ですが、紙媒体での学習も不可欠です

解説集は何種類もありますが、管理人のおすすめは以下の書籍!コスパとクオリティの面では…

 

1級建築士: 「1級建築士分野別厳選問題500+125(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士: 「2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ] 価格:2916円(税込、送料無料) (2019/1/21時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投稿日:2020年4月20日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは広告益のみの運営で、完全無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイス(→こちら)をお願いいたします。