一級構造(力の釣り合い)

一級建築士試験分野別まとめ
構造
力の釣り合い

一級建築士学科試験
2023年7月23日(日)

令和05年度試験日まであと 日!

このWEBサイトは建築士試験に限定した資料集です
(公益財団法人よりWEB上での公開認定取得済)

一級建築士試験13年分
分野別まとめ

(平成20年度から令和02年度まで)

一級建築士
構造
力の釣り合い

〔H24 No.2〕図のような梁において、B点及びC点にそれぞれ集中荷重PBとPCが作用する場合、支点Aに鉛直反力が生じないようにするためのPBとPCの比として、正しいものは、次のうちどれか。

解答 2:
図の通り反力RA、RDを仮定する。支点Aに鉛直反力が生じないようにするためには、RA=0が条件となる。以下のように支点Dでの釣り合い式をたてて求める。
ΣMD=0
⇔ –PB×l + PC×l = 0
    PB×l  = PC×l 
    PB = PC
よって、PB : P= 1 : 1

〔H24 No.3〕図のような荷重が作用する3ヒンジラーメンにおいて、A点における水平反力HAの大きさとして、正しいものは、次のうちどれか。

解答 3:3ヒンジラーメン構造であるため、反力を求めるためには4つの式が必要になる。ここでは(ⅰ)ΣX=0、(ⅱ)ΣY=0、(ⅲ)ΣM=0の3つの釣り合い式および、(ⅳ)O点の左側の曲げモーメントの合計の式から求める。(ⅰ)ΣX = 0
⇔ HA + HB  = 0・・・①
(ⅱ)ΣY = 0
⇔ RA + RB – 3P = 0・・・② 
(ⅲ)ΣM1= 0
⇔ 3P×2l – RB×3l = 0
⇔ RB = 2P(上向き)・・・③
(ⅳ)ΣM0(左)= 0
⇔ – HA×l + RA×l = 0
⇔ HA = RA ・・・④

③を②に代入すると、
RA + (2P) – 3P = 0
⇔ RA = P(上向き)・・・⑤
⑤を④に代入すると、
HA = RA = P(右向き)

 

 

お問い合わせ

※当サイトに関する質問や、当サイトで閲覧した試験問題に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。当サイトは公益財団法人建築技術教育普及センターより正式に許諾を得て掲載しております。そのためご利用者様には厳正なご利用をお願しており、当サイトに関する一切のお問い合わせはサイト運営責任者までお願いします(掲載許諾条件(6))。センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

おすすめ参考書

過去問題を解くのがやはり合格への近道です

このサイトだけでも学習は可能ですが、紙媒体での学習も不可欠です

解説集は何種類もありますが、管理人のおすすめは以下の書籍!コスパとクオリティの面では…

 

1級建築士: 「1級建築士分野別厳選問題500+125(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士: 「2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ] 価格:2916円(税込、送料無料) (2019/1/21時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投稿日:2020年4月20日 更新日:

執筆者:

株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い