一級構造(不静定構造物の応力)

建築士過去問解説

一級建築士試験分野別まとめ
構造
不静定構造物の応力

一級建築士学科試験
2022年7月24日(日)

令和04年度試験日まであと 日!

このWEBサイトは建築士試験に限定した資料集です
(公益財団法人よりWEB上での公開認定取得済)

一級建築士試験13年分
分野別まとめ

(平成20年度から令和02年度まで)

一級建築士
構造
不静定構造物の応力

〔H28 No.3〕図のような筋かいを有する柱脚ピンの骨組に水平荷重100kNが作用したとき、部材BCの引張力Tは100kNであった。このとき、柱ABの柱頭A点における曲げモーメントの絶対値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、梁ACは剛体とし、柱ABと柱CDは等質等断面で伸縮はないものとする。

1. 0kN・m
2. 20kN・m
3. 40kN・m
4. 80kN・m

解答 4:柱ABに生じるせん断力QABと、せん断力QABが作用する反曲点を定め、柱ABのA点における曲げモーメントMAを求める。

まず水平荷重100kNを、斜材(部材BC)が負担する水平荷重(1)を求め、次にラーメンが負担する水平荷重(柱のせん断力)(2)とに分けて考える。

(1)斜材(部材BC)が負担する水平荷重を求める。
部材BCには、引張力T=100kNが生じている。Tの水平方向分力が、部材BCが負担する水平荷重となる。
直角三角形の三角比(3:4:5)から、Tの水平方向分力(PTX)が得られる。
PTX(部材BCが負担する水平荷重)= 100kN×(3/5)=60kN

(2)ラーメン全体が負担する水平荷重(柱のせん断力)を求める。
ラーメンが負担する水平荷重=100kN-60kN=40kN

柱ABと柱BCは等質等断面であり、かつ柱頭および柱脚の条件が同じなので、それぞれの柱の負担水平荷重(せん断力)は、等しく、柱ABと柱CDに生じるせん断力QABとQCDは等分される。
QAB=QCD=40kN×(1/2)=20kN

次に、柱ABのA点の曲げモーメントMAを求める。
梁は剛体であることから、剛接合の柱頭は回転拘束となる。また柱脚はピンなので、反曲点の位置は柱脚となる。これより、柱ABのA点の曲げモーメントMAは、次のとおりである。
MA = QAB × (反曲点から柱頭までの距離)
      = 20kN×4m = 80kN・m

〔H20 No.3〕図のような骨組に水平荷重100kNが作用したとき、部材BCの引張力Tは50kNであった。このとき、柱ABのA点における曲げモーメントの絶対値として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、梁は剛体とし、柱AB及びCDは等質等断面で伸縮はないものとする。

1.30.0 kN・m
2.37.5 kN・m
3.45.0 kN・m
4.60.0 kN・m
5.90.0 kN・m

解答 3:柱ABに生じるせん断力QABと、せん断力QABが作用する反曲点を定め、柱ABのA点における曲げモーメントMAを求める。

まず水平荷重100kNを、斜材(部材BC)が負担する水平荷重(1)を求め、次にラーメンが負担する水平荷重(柱のせん断力)(2)とに分けて考える。

(1)斜材(部材BC)が負担する水平荷重を求める。
部材BCには、引張力T=50kNが生じている。Tの水平方向分力が、部材BCが負担する水平荷重となる。
直角三角形の三角比(3:4:5)から、Tの水平方向分力(PTX)が得られる。
PTX(部材BCが負担する水平荷重)= 50kN×(4/5)=40kN

(2)ラーメン全体が負担する水平荷重(柱のせん断力)を求める。
ラーメンが負担する水平荷重=100kN-40kN=60kN

柱ABと柱BCは等質等断面であり、かつ柱頭および柱脚の条件が同じなので、それぞれの柱の負担水平荷重(せん断力)は、等しく、柱ABと柱CDに生じるせん断力QABとQCDは等分される
QAB=QCD=60kN×(1/2)=30kN

次に、柱ABのA点の曲げモーメントMAを求める。

梁は剛体であることから、剛接合の柱頭は回転拘束となる。また柱脚も固定なので、反曲点の位置は柱の真ん中となる。これより、柱ABのA点の曲げモーメントMAは、次のとおりである。
MA = QAB × (反曲点から柱頭までの距離)
      = 30kN×3/2m = 45kN・m

〔H27 No.2〕図-1のようなヤング係数がEで断面二次モーメントがIの等質等断面梁に等分布荷重wが作用している。次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。ただし、図-2に示すように、片持ち梁に等分布荷重wが作用する時の自由端のは、wl4/8EI、図-3に示すように、片持ち梁の先端に集中荷重が作用する時の自由端のはPl 3/3EIである。

1.A点の鉛直反力の大きさは、3wl/8である。
2.B点の曲げモーメントの大きさは、wl2/8である。
3.A点からB点に向かってl/2の位置の曲げモーメントは、0である。
4.A点からB点に向かって3l/8の位置のせん断力は、0である。

解答 3:A点からB点に向かってl/2の位置の曲げモーメントMは、A点の垂直反力は、図-2と図-3の片持ち梁に分けて、それぞれのたわみの総和は0になることを利用する。よって、

wl4/8EI – VAl3/3EI = 0
VA=3wI/8
さて、Mを求めると、
M = VA × l/2 – W × l/4
      = 3wI/8 × l/2 – wl/2 × l/4
      = wl2/16

 

 

〔R01 No.3〕図のようなラーメンに荷重10Pが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、梁部材の曲げ剛性は2EI、柱部材の曲げ剛性は3EIとし、図のA点は自由端、B点は剛接合とする。また、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。

解答 1:固定モーメント法で解いていく。①材が回転しないようにB点を固定する。B点の材端モーメントMBAは、
MBA = 10P × l = 10Pl
となる。
②上の計算過程でB点を固定端として扱ったが、実際は固定端ではなく、節点として計算する。上図のように、材端モーメントは柱と、右の梁の剛比に応じて分割される。よってその剛度の比率は、梁右:柱 = 2EI : 3EI なので、それぞれの材端モーメントは、
M梁右(B) = 10Pl × 2/5 = 4Pl
M柱(B) = 10Pl × 3/5 = 6Pl③最後に材端モーメントM右梁(C) 、M柱(D)を求める。各材の他端には、それぞれの分割モーメントの1/2が生じている。
M左梁(C) = 4Pl× 1/2 =Pl
M柱(C) = 6Pl × 1/2 = 3Pl
モーメント図は、以下のようになる。よって正答は、選択肢1となる。

〔H25 No.3〕図のようなラーメンに荷重6Pが作用したときの曲げモーメント図として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、梁部材の曲げ剛性はEI、柱部材の曲げ剛性は2EIとし、図のA点は自由端、B点は剛接合とする。また、曲げモーメントは材の引張側に描くものとする。

解答 3:固定モーメント法で解いていく。①材が回転しないようにB点を固定する。B点の材端モーメントMBAは、
MBA = 6P × l = 6Pl
となる。
②上の計算過程でB点を固定端として扱ったが、実際は固定端ではなく、節点として計算する。上図のように、材端モーメントは柱と、左の梁の剛比に応じて分割される。よってその剛度の比率は、左梁:柱 = EI : 2EI なので、それぞれの材端モーメントは、
M左梁(B) = 6Pl × 1/3 = 2Pl
M柱(B) = 6Pl × 2/3 = 4Pl
③最後に材端モーメントM左梁(C) 、M柱(D)を求める。各材の他端には、それぞれの分割モーメントの1/2が生じている。
M左梁(C) = 2Pl× 1/2 = Pl
M柱(C) = 4Pl × 1/2 = 2Pl
モーメント図は、以下のようになる。よって正答は、選択肢3となる。

〔H24 No.5〕図-1のような骨組に水平力3Pが作用し、図-2に示すような曲げモーメントが生じて釣り合った場合、部材Aに生じる引張力として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、曲げモーメントは、材の引張側に描くものとする。

解答 4:図-2より、柱にかかるモーメントからせん断力(Q)を求めることができる。
l = Pl ⇔ Q = P
これより、柱にかかるせん断力はPとなる。
外力(3P)は、2つの柱のせん断力(P+P)と部材Aの水平荷重(TAV)の合計であるから、
3P = P + P + TAV ⇔ TAV = P
よって、
TA = √2 TAV = √2 P

 

 

〔H22 No.3〕図-1のようなラーメンにおいて、A点が鉛直下向きに沈下したとき 、ラーメンは図-2 のような変形を示した。このときの曲げモーメント図として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、柱・梁は等質等断面とし、曲げ変形のみを考慮する。また、曲げモーメント図は材の引張側に描くものとする。

解答 2:A点が沈下したとき、梁には下向きの力が作用する。これより、沈下する柱を下向きに作用する集中荷重と置き換えて考える。梁の中央に集中荷重がかかっていることから、モーメント図は以下のように直線となる。梁に生じるモーメントが柱頭に伝達される。また柱脚をピン支点と仮定すると、柱脚にはモーメントが生じない。これより、モーメント図は三角形となる。次に、柱脚が固定端の場合、柱脚のたわみ角は0となる。上のピン支点仮定時に加えて、たわみ角が0となるようなモーメントが生じている。これより、モーメント図には柱のどこかにモーメントが0となる反曲点が生じる。

〔H30 No.4〕図は、2層のラーメンにおいて、2階に水平荷重P1、R階に水平荷重P2が作用したときの柱の曲げモーメントを示したものである。次の記述のうち、誤っているものはどれか。

1.2階に作用する水平荷重P1は、80kNである。 
2.2階の梁のせん断力QBは、70kNである。
3.1階右側の柱の軸方向圧縮力NCは、105kNである。
4.右側の支点の鉛直反力Vは、120kNである。

解答 4:梁のせん断力は、梁両端部の曲げモーメントの合計をスパンで除して求める。
QB = (100kN・m + 180kN・m)×2 / 8m
      = 70kN
QR = 140kN・m ×2 / 8m
      = 35kN
QC = 220kN・m ×2 / 8m
      = 55kN
支点の反力Vは、すべての梁のせん断力の合計となる。
V = QB + QR + QC
   = 70kN + 35kN + 55kN
   = 160kN

〔H26 No.6〕図のような水平力Pが作用する骨組において、柱A、B、Cの水平力の分担比QA:QB:QCとして、正しいものは、次のうちどれか。ただし、3本の柱は全て等質等断面の弾性部材とし、梁は剛体とする。

解答 3:「一端固定他端ピン(柱B)」の柱頭の水平変位σは、片持ち梁のたわみと同じく、以下の式となる。(l:柱の長さ、E:ヤング係数、Q:柱に生じるせん断力、I:断面二次モーメント)

σ= Ql3 / 3EI

また「両端固定(柱A、柱C)」の柱頭の水平変位σは、スパンが半分片持ち梁のたわみの2倍と等しく、以下の式となる。

σ= (Q(l/2)3 / 3EI) ×2
= (Ql3 / 4・3EI)

これから、それぞれの柱のせん断力(Q)はそれぞれ、

QB = 3EIσB / l3
QA・C = 4・3EIσA・C / l3

QA = 12EIσ/ (2h)= 3EIσ/ 2h3
QB = 3EIσ/ h3
QC = 4・3EIσ/ h3
等質等断面であるからEIは等しい。また梁は剛体なので水平変位は等しく、σABC。また共通項(3EIσ / h3)をのぞいて比較すると、
QA:QB:QC= 1/2 :1 :4 = 1:2:8

 

 

〔H23 No.3〕図のようなラーメンに水平力Pが作用する場合、柱A、B、Cに生じるせん断力をそれぞれQA、QB、QCとしたとき、せん断力QA、QB、QCの比として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、それぞれの柱は等質等断面の弾性部材で曲げ剛性はEI又は2EIであり、梁は剛体とする。

解答 2:「一端固定他端ピン」の場合、柱頭の水平変位σは、片持ち梁のたわみと同じく、以下の式となる。

σ= Ql3 / 3EI

(l:柱の長さ、E:ヤング係数、Q:柱に生じるせん断力、I:断面二次モーメント)
これから、それぞれの柱のせん断力(Q)は、

Q = 3EIσ / l3

QA = 3EIσ/ (2h)3 = 3EIσ/8h3
QB = 3(2EI)σ/ (2h)3 = 6EIσ/8h3
QC = 3EIσ/ h3 = 3EIσ/h3
等質等断面であるからEIは等しい。また梁は剛体なので水平変位は等しく、σABC
よって、QA:QB:QC= 3/8 :6/8 :3 = 1:2:8

〔H21 No.5〕図のような鉛直荷重Pを受けるトラスA、B、Cにおいて、それぞれのローラー支持点の水平変位δA、δB、δCの大小関係として、正しいものは、次のうちどれか。ただし、各部材は同一材質とし、斜材の断面積はそれぞれa、2a、3aとし、水平材の断面積はいずれもaとする。

1.δABC
2.δABC
3.δBCA
4.δCBA

解答 4:トラスの軸力を算定し、それぞれのひずみを比較する。これらの架構において、水平方向の変位に影響を与える部材は横架構のみである。上の示力図より、それぞれの横架構の軸方向力は、反力はそれぞれ同じ大きさである。そのためNA2、NB2、NC2の大きさは、

NA2 < NB2 < NC2


となり、横架材は等質等断面であることから、

δ< δ< δC

 

 

お問い合わせ

※当サイトに関する質問や、当サイトで閲覧した試験問題に関するお問い合わせはこちらまでお願いします。当サイトは公益財団法人建築技術教育普及センターより正式に許諾を得て掲載しております。そのためご利用者様には厳正なご利用をお願しており、当サイトに関する一切のお問い合わせはサイト運営責任者までお願いします(掲載許諾条件(6))。センターへのお問い合わせはご遠慮ください。

おすすめ参考書

過去問題を解くのがやはり合格への近道です

このサイトだけでも学習は可能ですが、紙媒体での学習も不可欠です

解説集は何種類もありますが、管理人のおすすめは以下の書籍!コスパとクオリティの面では…

 

1級建築士: 「1級建築士分野別厳選問題500+125(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士: 「2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ]

2級建築士分野別厳選問題500+100(2019年度版) [ 日建学院教材研究会 ] 価格:2916円(税込、送料無料) (2019/1/21時点)

楽天で購入
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

投稿日:2020年4月20日 更新日:

執筆者:

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い