2級建築士試験

法隆寺金堂(奈良)

投稿日:2018年12月30日 更新日:

金堂は西院伽藍最古の建築で、軒の出の深い安定した姿が美しい。入母屋造り二重の瓦屋根と下層の裳階(もこし)の板葺きの対比、これに奥深い軒下の垂木(たるき)や雲斗・雲肘木が調和して快いリズムを奏でています。(飛鳥時代 国宝)

http://www.horyuji.or.jp/

法隆寺は7世紀に創建された聖徳太子ゆかりの寺院である。現存する世界最古の木造建築物であり、1993年に世界遺産に登録される。飛鳥様式の代表的建築物の法隆寺金堂は入母屋造の二重仏堂。一階に裳階がついている。デザイン性が高く、雲形組物、卍くずしの組子を入れた紅蘭、人字形割束、エンタシスが用いられている。

 Photo by (c)Tomo.Yun
http://www.yunphoto.net/より出典




過去の出題

平成20年2級学科1、No.01
平成24年2級学科1、No.01
平成26年2級学科1、No.01

 







-2級建築士試験

執筆者:


  1. […] 例えば代表的な建築物として、奈良県の薬師寺東塔や、京都の法隆寺金堂などがある。 […]

  2. […] 国宝に指定されている法隆寺金堂 リンク広告 […]

  3. […] して、法隆寺金堂、清水寺の翼廊がある。出題:平成20年度No.1、平成26年度No.1 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

no image

コア型住宅

コア型住宅 コア型住宅は、給排水衛生設備などを、住宅の中心部にまとめて配置した平面構成である。 設備配管の集約による建設費の軽減や、動線の単純化、居室が外壁に多く面することによる居住性の向上を意図した …

サヴォワ邸(Villa Savoye, フランス)

サヴォワ邸はル・コルビジェによる設計で1931年に建てられた。「近代建築の五原則(ピロティ・屋上庭園・自由な平面・水平連続窓・自由なファサード)」が表現された歴史的建築物。サヴォワ氏の別荘であったが現 …

建築士法23条の7

建築士法 第23条の7 廃業等の届出 廃業等の届出 第23条の7 建築士事務所の開設者が次の各号に掲げる場合のいずれかに該当することとなつたときは、当該各号に定める者は、その日(第二号の場合にあつては …

no image

法6条の4

建築基準法 第6条の4 (建築物の建築に関する確認の特例) 第6条の4 第一号若しくは第二号に掲げる建築物の建築、大規模の修繕若しくは大規模の模様替又は第三号に掲げる建築物の建築に対する第6条及び第6 …

茨城県営松代アパート

茨城県営松代アパート(1993年~) https://www.google.co.jp/maps/ 「茨城県営松代アパート」は、茨城県つくば市にある6階建て4棟、121戸の集合住宅。 4棟が囲むように …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い