2級建築士試験

即席単語帳環境14

投稿日:2020年6月25日 更新日:




即席単語帳
環境・設備14

一級建築士学科試験:2022年7月24日(日)
令和04年度試験日まであと 日!

1.建築物内の排水設備においては「汚水」と「雑排水」とを別系統にすること

解答:「分流式排水」

2.公共下水道の分流式は、何と何を別系統にする?

解答:「汚水及び雑排水」と「雨水」

3.排水管の掃除口の設置間隔は?

解答:管径が100mm以下であれば、15m以下。100mmを超える場合は、30m以内。

4.排水槽の床のピットに向かう勾配は?

解答:1/10~1/15(滑り止めを設ける)

5.横走りする通気管は、最高位にある衛生器具よりも何cm以上上方で横走りさせるか

解答:15cm以上

6.通気管の開放位置の間隔は、①窓・ドアの垂直距離、②水平距離

解答:①60cm以上、②3m以上

7.通気管の開放位置で、屋上に人が出入りする場合の間隔

解答:床面から2m以上

8.前問、前々問に該当しない場合

解答:床面から20cm以上

9.[大便器の種類]洗落とし式大便器に比べて溜水面が広く、汚れが付着しにくい

解答:サイホン式

10.[大便器の種類]サイホンボルテックス式と同様に水溜り面が広く、汚物の付着や臭気の発散が少なく衛生的な方式。ただし、洗浄方式は洗浄弁方式 に限られ、洗浄音が大きい。

解答:ブローアウト式

11.タンクと便器が一体化した方式で、サイホンに回転(渦巻き)作用を起こして吸引・洗浄する。洗浄力が高く、洗浄音が小さい。

解答:サイホンボルテックス方式

12.従来の大便器の洗浄水量は?現在の節水型の洗浄水量は?

解答:13lが主流。現在の節水型は6lが主流だが、4lも出てきている。

13.給水管に直結した大小便きの洗浄弁のことを?

解答:フラッシュバルブ

14.前問の本管への逆流を防ぐために取り付ける器具は?

解答:バキュームブレーカー

15.和式大便器の設置のための床下配管スペースの高さは?

解答:600mm程度

16.洋式大便器の設置のための床下配管スペースは?

解答:450mm程度

17.床上配管(二重床)の場合は?

解答:200~250mm程度

18.給排水管の更新や維持管理の面から近年採用が増えている、ヘッダーから各器具に対して1:1に保護管となり、継手の必要のない工法は?

解答:さや管ヘッダー工法

19.セントラル給湯システムの給湯管に用いてはならない管種は?

解答:ダクタイル鋳鉄管

20.赤水の原因と、防止法。

解答:鋼管の内側に貼り付けた合成樹脂(ライニング)が切断されるため。赤水防止のためには管端防食継手を使用する。

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験

執筆者:

関連記事

無水小便器

LIXIL 無水小便器 無水小便器 無水小便器は、節水に有効である。尿からの臭気拡散を防ぐため、トラップ内に水より比重の小さいシール液を入れている。 出題(計画):平成24年度No.22 シール液の利 …

NC値

NC 値とは、室内の静けさを表す指標のこと。 一般的に、室内の騒音許容値を示す場合、騒音レベルdBもしくは、NC値で表す。 NC値は、その値が小さいほど静かであることを示し、NC-25 の室はNC-4 …

no image

コーホート要因法

コーホート要因法 「コーホート要因法」は、年齢別人口の加齢にともなって生ずる年々の変化をその要因(死亡、出生、および人口移動)ごとに計算して将来の人口を求める方法。 すでに生存する人口については、加齢 …

no image

令67条

建築基準法施行令 第67条 接合 第67条 構造耐力上主要な部分である鋼材の接合は、接合される鋼材が炭素鋼であるときは高力ボルト接合、溶接接合若しくはリベット接合(構造耐力上主要な部分である継手又は仕 …

建築士法22条の3の3

建築士法 第22条の3の3 延べ面積が300m2を超える建築物に係る契約の内容 延べ面積が300m2を超える建築物に係る契約の内容 第22条の3の3 延べ面積が300m2を超える建築物の新築に係る設計 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い