2級建築士試験

即席単語帳構造3

投稿日:2020年6月26日 更新日:




即席単語帳
構造3

一級建築士学科試験:2020年7月11日(日)
令和03年度試験日まであと 日!

1.[構造計算]高さが60mを超えるものは何に適合する必要がある?

解答:①耐久性等関係規定、②時刻歴応答解析、③大臣の認定

2.RC造・SRC造でのルート1に該当する建築物は?

解答:高さが20m以下

3.ルート1を採用すると、構造計算は何を行う?

解答:許容応力度計算と部材のせん断設計

4.部材のせん断設計とは?

解答:柱と壁の水平面積に割増計算を行ったものが、地震地域係数×固定荷重と積載荷重の和以上であるか確認すること

5.RC造・SRC造でのルート2を採用する建築物は?

解答:高さ20mを超え、31m以下の建築物

6.ルート2において何を計算する?

解答:許容応力度計算、層間変形角の確認剛性率・偏心率塔状比の確認

7.ルート2-1とルート2-2は何が違う?

解答:ルート2-1は耐力壁の多い建築物、2-2は水平面積が大きく、大きな開口部・袖壁が多い建築物

8.層間変形角の規定値は?

解答:1/200以下

9.剛心率の規定値は?

解答:6/10以上

10.偏心率の規定値は?

解答:15/100以下

11.塔状比の規定値は?

解答:4以下

12.ルート3を採用する建築物は?

解答:高さ31mを超え、60m以下

13.ルート3の建築物はどんな計算をする?

解答:許容応力度計算、層間変形角、保有水平耐力計算、転倒の検討(塔状比4を超えるの場合)

14.必要保有水平耐力計算を求める計算式

解答:構造特性係数×形状特性係数×地震水平力

15.構造特性係数を算出する時、の種別をFAとする場合、柱せい(D)に対する高さ(h)の数値は?

解答:2.5以上

16.構造特性係数を算出する時、の種別をFAとする場合、設計基準強度(F)に対するせん断応力度(τ)の数値は?

解答:0.1以下

17.構造特性係数を算出する時、の種別をFAとする場合、設計基準強度(F)に対するせん断応力度(τ)の数値は?

解答:0.15以下

18.構造特性係数を算出する時、の種別をFAとする場合、設計基準強度(F)に対する圧縮応力度(σ)の数値は?

解答:0.35以下

19.構造特性係数を算出する時、の種別をFAとする場合、付着割裂破壊の数値は?

解答:0.8以下

20.構造特性係数が高い部材ほど(例えばFA)、その値は大きくなる?小さくなる?

解答:小さくなる(必要水平耐力が小さくなる)

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験

執筆者:


  1. Lasix より:

    Viagra Frau Nasenspray

  2. zithromax dose より:

    Amazon Bactroban

  3. addicle より:

    https://buytadalafshop.com/ – generic cialis no prescription

  4. Weewayday より:

    Cialis

  5. Mifepristone Et Misoprostol Prix

  6. irralpege より:

    https://buypropeciaon.com/ – Propecia

  7. Ginsurids より:

    https://buystromectolon.com/ – oral ivermectin

  8. Viagra より:

    Cialis Female Sample

  9. Propecia より:

    On Line Tab Provera For Sale Direct

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

サービスヤード?-2級建築士試験対策

サービスヤード https://www.sumailab.net/より出典 「サービスヤード」は、台所や家事室に近接して設けられた場所で、主に洗濯・物干しや家事等を行う。 家事を行いやすいようにユーテ …

建築基準法施行令126条

建築基準法施行令 第126条 屋上広場等 屋上広場等 第126条 屋上広場又は2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さが1.1メートル以上の手すり壁、さく又は金網 …

令126条の6

建築基準法施行令 第126条の6 非常用の侵入口 設置 第126条の6 建築物の高さ31m以下の部分にある3階以上の階(不燃性の物品の保管その他これと同等以上に火災の発生のおそれの少ない用途に供する階 …

熱伝達抵抗

熱伝達抵抗 熱伝達抵抗とは、熱伝達率の逆数で表す。値が大きいほど、熱は伝わりにくい。単位はm2・K/W

難燃材料

難燃材料 難燃材料は、施行令1条五号で定められた防火材料で、「準不燃材料」の次に火に対して耐力がある。 加熱開始後、防火材料の条件を「5分間」満たすもの。    難燃材料は、平成12年5月30日 建設 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



株式会社まつけん設計のロゴ 建築士試験HPのロゴ 沖縄のホームページ制作やWEBマーケティングなら|はいサイト沖縄

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い