2級建築士試験

即席単語帳施工7

投稿日:




即席単語帳
施工7

一級建築士学科試験:2020年7月25日(日)
令和03年度試験日まであと 日!

1.作業床の幅と、床板間の隙間はどのくらい?

解答:幅40cm以上、隙間3cm以下

2.吊り足場は?

解答:幅40cm以上、隙間なし!

3.建地と床材との隙間は?

解答:12cm未満

4.枠組み足場の落下防止のために設ける下桟の高さは?

解答:高さ15cm以上40cm以下

5.下桟の代わりに設けるものは?

解答:高さ15cm以上の幅木

6.単管足場等に設ける手すりと、中桟の高さは?

解答:手すりの高さ85cm以上、中桟の高さ35~50cm

7.前2問を設けない場合の条件2つ

解答:①防網をはり、②墜落制止用器具を使用させる

8.長手方向に足場板を重ねる場合、その部分の長さは?

解答:20cm以上

9.落下防止のための幅木の高さは?

解答:10cm以上

10.落下防止のために、幅木と何を設ける?

解答:メッシュシート、もしくは防網

11.防護棚の設置は、何mの作業に設置義務がある?

解答:10m以上

12.朝顔の1段目の設置高さは?

解答:高さ4~5m

13.朝顔の2段目の高さは?

解答:1段目から10m程度の高さ

14.朝顔のはねだし長さ、水平面となす角度

解答:水平距離で2m、20度

15.第一種墜落防護工(切りばり上通路、鉄骨上通路)の手すりの高さは?

解答:95cm以上

16.第二種墜落防止工の手すりの高さは?

解答:90cm以上

17.単管足場の手すりの高さは?

解答:85cm以上

18.中桟の最大の間隔は?

解答:45cm

19.鋼管足場にメッシュシートを設ける場合、○○支持材を、原則として○○方向に、○○m以下ごとに設ける

解答:水平支持材を、垂直方向に、5.5m以下ごとに設ける

20.鉄骨外周にメッシュシートを設ける場合、○○支持材を、原則として○○方向に、○○m以下ごとに設ける

解答:垂直支持材を、水平方向に、4m以下ごとに設ける

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

令147条の2

建築基準法施行令 第147条の2 (工事中における安全上の措置等に関する計画の届出を要する建築物) 第147条の2 法第90条の3(法第87条の4において準用する場合を含む。)の政令で定める建築物は、 …

ゲシュタルト心理学

ゲシュタルト心理学 「ゲシュタルト心理学」はドイツで発達した心理学の一種。人間の精神を、部分や要素の集合ではなく、全体性や構造に重点を置いて捉える。 ゲシュタルト心理学においては、形や存在が認められる …

建築士法施行規則3条

建築士法施行規則 第3条 登録事項 登録事項 第3条 名簿に登録する事項は、次のとおりとする。 一 登録番号及び登録年月日 二 氏名、生年月日及び性別 三 一級建築士試験合格の年月及び合格証書番号(外 …

総合施工計画書

総合施工計画書 工事の総合的な計画をまとめて作成する「総合施工計画書」は、「施工計画書」のうちの一つ。 総合仮設を含めた工事の全般的な進め方や、近隣との取りあい、主要工事の施工方法、品質目標と管理方針 …

no image

第3種換気

換気計画において機械換気と自然換気があり、第3種換気は機械換気のうちのひとつ。 他にも第1種と第2種があるが、「給気」と「排気」を自然換気か機械換気にするのかの違いがある。 この第3種換気は自然換気で …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い