2級建築士試験

即席単語帳施工4

投稿日:2020年7月1日 更新日:




即席単語帳
施工4

一級建築士学科試験:2023年7月23日(日)
令和05年度試験日まであと 日!

1.土止め支保工作業主任者は、どんな時に選任?

解答:規模に関わらず、選任

2.建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者は、どんな時に選任?

解答:高さ5m以上の鉄骨の組立て、解体、変更

3.コンクリート造の工作物の解体等作業主任者は、どんな時に選任?

解答:高さ5m以上のコンクリートの工作物の解体、または破壊

4.石綿作業主任者は、どんな時に選任?

解答:規模に関わらず、選任

5.堅い粘土または岩盤などを掘削する場合、①5m未満の角度は?②5m以上の角度は?

解答:①90度、②75度

6.労働者が安全に昇降するための設備を設けなければならない箇所の高さは?

解答:1.5mを超える箇所

7.投下設備を設けなければならない高さは?

解答:3m

8.クレーンの点検を行わなければならない①地震の程度と、②強風の程度は?

解答:①中程度(震度4)、②風速30m/s以上

9.ロープ等の安全係数って?

解答:ロープの切断荷重を、最大荷重で除した値

10.玉掛け用ワイヤーロープの安全係数は?

解答:6以上

11.巻き上げ用ワイヤーロープの安全係数は?

解答:6以上

12.吊り足場用のワイヤーロープの安全係数は?

解答:10以上

13.吊り足場用の吊り鎖とフックの安全係数は?

解答:5以上

14.航空安全灯を設けなければならないクレーンの高さは?

解答:60m以上

15.[手続き等]建築確認申請書は、誰が、誰に届出?

解答:建築主が、建築主事(指定確認検査機関)に

16.[手続き等]中間検査・完了検査申請は、誰が、誰に届出?

解答:建築主が、建築主事(指定確認検査機関)に(完了後4日以内)

17.[手続き等]建築工事届出は、誰が、誰に届出?

解答:(床面積10m2を超える場合)建築主が、都道府県長に

18.[手続き等]建築物除去届出は、誰が、誰に届出?

解答:(床面積10m2を超える場合)施工者が、都道府県長に

19.[手続き等]安全上の措置などの計画に関する届出は、誰が、誰に届出?

解答:建築主が、特定行政庁に

20.[手続き等]統括安全衛生管理者選任報告は、誰が、誰に、いつ届出?

解答:事業者が、労働基準監督署長に、事由発生後14日以内

前のページへ次のページへ
即席単語帳一覧へ

※当サイトは著作権使用の許可を受けて過去問題を公開・解説しております。著作権保護のために無断転載や複製を禁止しており、閲覧者に対しましては適正な使用をお願いしております。







-2級建築士試験
-, , ,

執筆者:

関連記事

no image

汚染空気

人が生活する中で空気が正常であることはとても重要である。そこで室内に発生する汚染された空気を換気計画にて排出しないといけない。汚染空気として濃度を規制しているのは以下の通り。 ・人から出される呼吸(二 …

足場板:2級建築士試験対策

足場板 足場板は、長手方向に支点の上で重ね、その重ねた部分の長さを「20cm」とする必要がある。(労働安全衛生規則より) 出題:平成20年度No.04、平成21年度No.04、平成23年度No.04

客席誘導灯

誘導灯は、避難口の位置や避難の方向を示すもので、非常時に停電した場合でも安全に避難誘導させるものである。それぞれ目的により3種類ある。 避難誘導灯・通路誘導灯・客席誘導灯 また通常においても、避難口や …

復旧方法等を含む仮設工事計画書

仮設工事計画書 建築物の一部を仮設工事に使用することがある。その際には「仮設工事計画書」を作成し、監理者の承認を受けなければならない。 また、仮設工事のために開口を設ける場合、補強や復旧方法などを明記 …

法87条の2

建築基準法 第87条の2 既存の一の建築物について二以上の工事に分けて用途の変更に伴う工事を行う場合の制限の緩和 第87条の2 第3条第2項の規定により第27条等の規定の適用を受けない1の建築物につい …

このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い