2級建築士試験

内部結露って?建築士試験用語

投稿日:2019年5月30日 更新日:




内部結露

「内部結露」は、室内の高温多湿の空気が壁内に侵入し、それが冷やされて水滴になる現象。この内部結露は柱や土台、また壁自体にも損傷を与え、悪影響であるので防止する必要がある。

内部結露は建材が腐る原因になり、またグラスウールなどの繊維系断熱材の吸水による断熱機能性の低下を引き起こしてしまう。

出題:平成20年度No.06

防止の考え方

内部結露は壁内に室内の湿った空気が入ることで生じてしまう。

その防止方法は、室内側の空気が壁内に入らないように考えれば良いので、以下のようにする。

①室内側の壁は気密性の高い材質を用いる。

②断熱材の内部に水蒸気が入ってはならないので、断熱材と室内側の壁との間に防湿層(防湿フィルム等)を設ける。(断熱材は防湿には効果がないので、厚くしても効果はない。)(出題:平成22年度No.06)

③壁内に侵入した湿り空気を逃がすため、室外側の外壁は気密性の低い材質を用いる

④断熱材と壁の外側との間に空気層を入れる。(壁体内換気)(出題:平成26年度No.06)

⑤二重窓の場合は、内側サッシの気密性を高くする。

⑥外断熱工法を用いる。

出題ポイント

建築士試験での出題ポイントは、

・内断熱の場合、断熱材を厚くしても内部結露防止には効果はない。
出題:平成20年度No.06平成28年度No.04

・内断熱の場合、防湿層は断熱材よりも室内側に設ける。
出題:出題21年度No.05平成26年度No.06

・外壁の室内側の壁材(もしくはサッシ)の気密を高くする。
出題:平成20年度No.06出題21年度No.05平成23年度No.07平成26年度No.06

・内断熱工法よりも外断熱工法の方が効果は高い。
出題:平成22年度No.06







-2級建築士試験

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

不活性ガス消火設備

http://www.sknetwork.or.jp/より出典 不活性ガス消火設備は、電気室や美術館、精密機械、電気通信機室等に設置されるもので、消火剤による汚損を最小限に抑え、復旧を早急にすることが …

建築基準法68条の3

建築基準法 第68条の3 再開発等促進区等内の制限の緩和等 再開発等促進区等内の制限の緩和等 第68条の3 地区計画又は沿道地区計画の区域のうち再開発等促進区(都市計画法第12条の5第3項に規定する再 …

no image

法70条

建築基準法第70条 (建築協定の認可の申請) 第70条 前条の規定による建築協定を締結しようとする土地の所有者等は、協定の目的となつている土地の区域(以下「建築協定区域」という。)、建築物に関する基準 …

軽井沢の山荘(かるいざわのさんそう)

軽井沢の山荘は1963年に長野県に建築された吉村順三の作品。1階をRC(鉄筋コンクリート造)、2階を片流れ屋根の木造としている。山林に溶け込むように樹上住宅を表現しており、1階部分を小さくし、2階が張 …

no image

令82条の3

建築基準法施行令 第82条の3 保有水平耐力 第82条の3 建築物の地上部分については、第一号の規定によつて計算した各階の水平力に対する耐力(以下この条及び第82条の5において「保有水平耐力」という。 …

初めて訪問される方へ

初めて訪問される方へ

このサイトは建築家を目指す方へ無料で公開しています。過去問の閲覧のためのパスワードは、こちらから取得してください。(取得までの所要時間15秒程度)



このサイトは寄付及び広告益の運営で、無料で閲覧・活用していただけます。より良いサイト構築のためにアドバイスをお願いいたします。

また、運営継続のための寄付をお願いいたします。
ご寄付のお願い